「新華社」5G自動運転ミニバス世界インターネット大会で注目
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」5G自動運転ミニバス世界インターネット大会で注目 中国浙江省嘉興市が管轄する県級市、桐郷市の烏(う)鎮で開催中の第6回世界インターネット大会で、5G自動運転ミニバスが注目を集めている。外観は普通の路線バスと変わらないが、レベル4(完全自動走行)の自動運転技術を搭載しており、運転手のハンドル操作なしに混雑した都市の一般道を自動走行できる。走行中、200メートル以内の歩行者や自動車など障害物を全方位で識別でき、インテリジェント路車クラウド協調システム(IVICS)で数キロメートル先の道路情報まで把握、合理的で安全な判断を瞬時に行い、安全を確保する。同鎮では今後、ミニバスの運用を試験的に拡大し、最終的に周囲110平方キロメートルの範囲でITS(高度道路交通システム)技術を実用化する予定だという。(記者/鄭夢雨、夏亮、李濤)<映像内容>第6回世界インターネット大会、5G自動運転ミニバスの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 自動運転車 IVICS インターネット インターネット大会 インテリジェント クラウド クラウド協調 クラウド協調システム システム ハンドル ハンドル操作 ミニバス ミニバス世界 ミニバス世界インターネット 世界インターネット 世界インターネット大会 中国浙江省 中国浙江省嘉興市 協調システム 浙江省嘉興市 自動走行 自動運転 自動運転ミニバス 自動運転ミニバス世界 自動運転技術 路線バス 道路情報 高度道路交通システム

映像情報

撮影日
2019/10/23
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分43秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4