中国木版年画国際会議、天津大学で開催
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、スマートフォンで展示品を撮影する来場者。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 中国文化 芸術 スマートフォン フランス ポーランド 中国木版 中国木版年画 中国民間 中国民間文芸 国際会議 天津大学 天津大学馮 天津大学馮驥 山東芸術学 年画国際 年画国際会議 才文学芸術 文化芸術的 文化芸術的価値 文学芸術 文学芸術研究 木版年画 木版年画国際 民間文芸 民間芸術 研究成果 研究課題 芸術的価値 芸術研究 驥才文学

画像情報

登録日時
2019/10/16 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
4030×2477 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
28.5(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ