徒歩15分圏内のワンストップ式高齢者介護実現湖南省長沙市
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

徒歩15分圏内のワンストップ式高齢者介護実現湖南省長沙市  10日、護理院のナースステーションで働く介護士ら。中国湖南省長沙市天心区の裕南街街道(天心区が管轄する行政区画)に住む高齢者は、「徒歩15分を半径とする生活圏」内で医療、介護、健康、食事、学習が五位一体となった小規模地域総合一体化高齢者介護サービスを受けることができる。巴普(BAP)護理院は長沙市初の医療条件を備えた介護機関で、在宅介護、社区(地域コミュニティー)介護、機関介護の相互接続を実現し、高齢者に在宅リハビリ、社区ケア、慢性疾患治療、総合治療の「ワンストップ」サービスを提供している。(長沙=新華社記者/謝桜)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 高齢者 介護 コミュニティー サービス ナースステーション リハビリ ワンストップ 一体化高齢者 一体化高齢者介護 中国湖南省 中国湖南省長沙市 五位一体 介護サービス 介護実現 介護実現湖南省 介護機関 医療条件 南街街道 在宅リハビリ 在宅介護 地域コミュニティー 地域総合 地域総合一体化 実現湖南省 実現湖南省長沙市 慢性疾患 慢性疾患治療 機関介護 湖南省長沙市 湖南省長沙市天心区 相互接続 社区ケア 総合一体化 総合一体化高齢者 総合治療 行政区画 裕南街街道 長沙市天心区 高齢者介護 高齢者介護サービス 高齢者介護実現

画像情報

登録日時
2019/10/10 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
1856×2784 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
14.7(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ