天津の洋館「チャイナ・ハウス」で触れる古磁器の魅力
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 天津の洋館「チャイナ・ハウス」で触れる古磁器の魅力  21日、チャイナ・ハウスの外観。中国天津市和平区赤峰道72号に建つフランス式の洋館「磁房子」(チャイナ・ハウス)は、「磁器の家」を意味し、中国磁器の博物館とも称される。かつては中国近代の外交官・黄栄良(こう・えいりょう)の住居だった。同市内の骨董品収集家・張連志(ちょう・れんし)氏が2000年、中国の磁器文化を広める目的でチャイナ・ハウスを買い取り、8年かけて改装した。生まれ変わったチャイナ・ハウスには磁器片数百万点と古い磁器1万3千点、石像300体余り、明・清期の猫型磁器製枕300点があしらわれている。チャイナ・ハウスは2007年9月3日の公開以来、天津観光のランドマークとしてネット上でも注目され、中国内外から訪れる観光客にとって見逃せない人気スポットとなった。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国文化 観光 建築 外観 ちょうれん スポット チャイナ チャイナハウス ネット上 フランス式 ランドマーク 中国内外 中国天津市 中国天津市和平区 中国磁器 中国近代 人気スポット 収集家張 収集家張連 和平区赤峰 和平区赤峰道 外交官黄 外交官黄栄 天津市和平区 天津市和平区赤峰 天津観光 磁器文化 骨董品収集家 骨董品収集家張

画像情報

登録日時
2019/10/21 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3024×4032 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
34.8(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ