「新華社」ゴミを森に変えるAIゴミ回収ボックス、世界インターネット大会で展示
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」ゴミを森に変えるAIゴミ回収ボックス、世界インターネット大会で展示 人工知能(AI)ごみ回収ボックスはアリババグループの金融会社、螞蟻金服(アント・フィナンシャル)の人工知能部が開発したスマートごみ分別回収設備で、実際の生活シーンから1千種類以上のごみを識別して分別することができ、絶えずアップデートを進めている。中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏鎮(うちん)で開催された第6回世界インターネット大会の会場で展示されたこのスマート回収ボックスは、ペットボトルやプルトップ缶、ガラス瓶などリサイクル可能なごみの2次分別のみを行う。利用者は支付宝(アリペイ)を開き、2次元バーコードをスキャンして「アント・フォレスト」(螞蟻森林)のアカウントと連携させる。ごみの識別に成功するとエコエネルギーが獲得でき、最終的には砂漠に木々を植えて森林に変えることができる。(記者/殷暁聖)A<映像内容>ゴミを識別して分別するAIごみ回収ボックス、アント・フォレストのアカウントと連携する様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 環境 ごみ スマートフォン ALIPAY アリペイ 支付宝 ロゴマーク AIごみ AIごみ回収 AIゴミ AIゴミ回収 ALIPAY ごみ分別 ごみ分別回収 ごみ回収 ごみ回収ボックス アカウント アップデート アリババグループ アントフィナンシャル アントフォレスト インターネット インターネット大会 エコエネルギー エネルギー ガラス瓶 ゴミ回収 ゴミ回収ボックス スキャン スマート スマートごみ スマートごみ分別 バーコード プルトップ プルトップ缶 ペットボトル ボックス リサイクル 世界インターネット 世界インターネット大会 中国浙江省 中国浙江省桐郷 人工知能 分別回収 分別回収設備 回収ボックス 回収設備 浙江省桐郷 生活シーン 螞蟻森林 金融会社

映像情報

撮影日
2019/10/24
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分31秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4