「バイオ人工肝」応用に向け加速肝不全の治療費は6割減に
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「バイオ人工肝」応用に向け加速肝不全の治療費は6割減に  25日、四川省成都市で行われた「バイオ人工肝」の特許譲渡協定調印式で署名する四川大学華西医院とメイヨー・クリニックの代表。中国の四川大学華西医院は25日、四川省成都市で米メイヨー・クリニックと「バイオ人工肝」の特許譲渡協定を結んだ。「バイオ人工肝」技術は肝不全の治療に応用されるもので、1~2年後の臨床応用開始が見込まれており、肝不全の治療費が6割以上引き下げられる。メイヨー・クリニックと中国内地の病院が同協定を結んだのは今回が初めて。双方は今後、引き続き協力を強化し、「バイオ人工肝」技術の臨床開発と市場販売を加速させ、より多くの肝臓病患者に恩恵をもたらしていく。(成都=新華社配信)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 医療 医学 バイオ人工 バイオ人工肝 メイヨークリニック 中国内地 加速肝不全 協定調印 四川大学 四川大学華西 四川省成都市 大学華西 大学華西医院 市場販売 応用開始 特許譲渡 特許譲渡協定 米メイヨークリニック 臨床応用 臨床応用開始 臨床開発 華西医院 譲渡協定 譲渡協定調印

画像情報

登録日時
2019/10/25 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3361×5611 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
53.9(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ