「新華社」北京大興国際空港臨空経済区、廊坊エリアの重点プロジェクトが一斉着工
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」北京大興国際空港臨空経済区、廊坊エリアの重点プロジェクトが一斉着工 中国の北京大興国際空港臨空経済区で26日、廊坊エリアで最初に実施される重点プロジェクト6項目が一斉に着工した。プロジェクトの投資総額は149億5800万元(1元=約15円)。また、新空港を運営する首都機場集団本部基地など6項目も同日、廊坊エリアへの進出契約を結んだ。投資総額は239億元を見込む。同エリアはこれにより実質的な建設段階に入った。同臨空経済区は京津冀(北京・天津・河北省)の全面的イノベーション改革試験区の核心区域となり、総面積は150平方キロメートル。国際交流センター機能担当区、国家航空科学技術革新先導区、京津冀共同発展モデル区に位置付けられる。廊坊エリアでは、総面積100平方キロのエリアに10平方キロの自由貿易試験区を設ける。今回着工した重点プロジェクト6項目は①中国南方航空華北研修センター②河北臨空経済産業発展シンクタンク(カセダ・シンクタンク)③新奥(ENN)中央研究院科学技術イノベーション基地④航空企業生活保障基地⑤臨空サービスセンター⑥廊坊臨空経済区初期プロジェクト地区2019年市道網および関連インフラ工事。うち、中国南方航空華北研修センターは25億元を投じ、フライトシミュレーター20台を擁する飛行訓練センターを建設。同社の北部地区分公司の訓練需要を満たすとともに、総合サービスセンターを付設する。(記者/張碩)<映像内容>北京大興国際空港臨空経済区の廊坊エリアの建設着工、撮影日:2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 建設 イノベーション イノベーション基地 イノベーション改革 イノベーション改革試験 インフラ インフラ工事 カセダシンクタンク サービスセンター シミュレーター シンクタンク センター センター機能 センター機能担当 フライト フライトシミュレーター プロジェクト プロジェクト地区 中国南方航空 中国南方航空華北 中国南方航空華北研修 中央研究院 中央研究院科学技術 中央研究院科学技術イノベーション 企業生活保障 企業生活保障基地 全面的イノベーション 全面的イノベーション改革 初期プロジェクト 初期プロジェクト地区 北京大興国際空港 北京大興国際空港臨空 北京大興国際空港臨空経済 北京天津 北京天津河北省 北部地区 国家航空 国家航空科学 国際交流 国際交流センター 国際交流センター機能 天津河北省 廊坊エリア 廊坊臨空 廊坊臨空経済 建設段階 建設着工 技術革新 技術革新先導 投資総額 改革試験 本部基地 核心区域 機能担当 河北臨空 河北臨空経済 生活保障 生活保障基地 産業発展 産業発展シンクタンク 発展シンクタンク 発展モデル 研修センター 科学技術 科学技術イノベーション 科学技術イノベーション基地 科学技術革新 科学技術革新先導 経済産業 経済産業発展 総合サービスセンター 臨空サービスセンター 臨空経済 臨空経済産業 自由貿易 自由貿易試験 航空企業 航空企業生活保障 航空科学 航空科学技術革新 華北研修 華北研修センター 訓練センター 訓練需要 進出契約 重点プロジェクト 関連インフラ 関連インフラ工事 集団本部 集団本部基地 飛行訓練 飛行訓練センター

映像情報

撮影日
2019/10/26
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分02秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4