紙を通じたデンマークと中国の対話四川省成都市で切り絵展覧会
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

紙を通じたデンマークと中国の対話四川省成都市で切り絵展覧会  10月29日、デンマークの切り絵芸術家カレン・ヴィット・バイレ氏による作品「ドラゴンの卵」の四、「現在の代表」。中国四川省成都市の金沙遺跡博物館で10月29日、同博物館と成都市無形文化遺産保護センターが共催する展覧会「紙の対話-デンマーク@金沙」が開幕した。デンマーク人芸術家や中国切り絵の名人、愛好家などが紙を通じた芸術的な対話を来場者に披露し、新鮮な体験をもたらしている。(成都=新華社配信/張艶)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 切り絵 芸術 文化 カレンビットバイレ センター デンマーク デンマーク人 デンマーク人芸術家 ドラゴン 中国切り絵 中国四川省 中国四川省成都市 保護センター 切り絵展覧会 切り絵芸術家 切り絵芸術家カレンビットバイレ 四川省成都市 対話四川省 対話四川省成都市 成都市無形文化遺産 成都市無形文化遺産保護 無形文化遺産 無形文化遺産保護 無形文化遺産保護センター 芸術家カレンビットバイレ 金沙遺跡 金沙遺跡博物館

画像情報

登録日時
2019/10/29 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2000×1500 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
8.5(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ