「新華社」連雲港市消防支隊、民家の窓にできたスズメバチの巣を焼却江蘇省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」連雲港市消防支隊、民家の窓にできたスズメバチの巣を焼却江蘇省 中国江蘇省の連雲港市消防支隊海昌路中隊は10月28日午前9時7分、同市海州区新孔路にある団地9階の窓の外にできた大型のスズメバチの巣を撤去してほしいとの要請を受けた。消防指揮官の馮高(ふう・こう)さんは、巣がある場所を考慮し、焼却による駆除を選択。消防隊員1人が防護服を着用、防護措置を施した上で殺虫剤と点火装置を用いて巣の入り口に点火し、火と煙で巣の中のハチを駆除した。ガラスの全面的な焼損によりハチが室内に侵入しないよう、指揮官と隊員は常に巣の燃焼状況に注意を払い、火が窓に近づくと隊員が直ちに水をかけて消火した。その後、残りの巣をほうきではたき落とし、スズメバチの巣を完全に撤去して約40分間にわたる緊急措置を終えた。<映像内容>スズメバチの巣を焼却する様子、撮影日:2019(令和元)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 動物 生き物 蜂の巣 スズメバチ 中国江蘇省 同市海州区 支隊海昌 消防指揮 消防支隊 消防支隊海 消防隊員 点火装置 焼却江蘇省 燃焼状況 緊急措置 連雲港市 連雲港市消防 連雲港市消防支隊 防護措置

映像情報

撮影日
2019/10/28
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
544p
フレームレート
30fps
再生時間
01分56秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4