河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、治療中のムラサキサギの様子を見るボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 動物 生き物 アオサギ クロヅル センター ハクチョウ ボランティア ムラサキサギ 中国河北省 中国河北省滄 保護動物 同市東部 国家重点 国家重点保護 州市野生動物 州市野生動物救護 救護センター 栄養補給 河北省滄 河北省滄州市 沿海地区 滄州市野生動物 重点保護 重点保護動物 野生動物 野生動物救護 野生動物救護センター

画像情報

登録日時
2019/11/05 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3305×4858 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
45.9(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ