「新華社」外国人も中国でスマホ決済可能に!
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」外国人も中国でスマホ決済可能に! 中国の電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を運営する螞蟻金服(アントフィナンシャル)は6日、中国国内の外国人観光客向けにアリペイ海外版のサービスを開始したと発表した。アプリをダウンロードして海外の携帯電話番号で登録し、ミニプログラムを開いて身分認証をするだけでサービスの利用が可能になる。海外の銀行カードと紐づけてチャージすれば、中国全域の店舗でアリペイを使った決済ができる。上海市では、多くの外国人観光客がモバイル決済の利用を始めている。外出する際は、モバイル決済可能な携帯電話さえあれば、財布を持たずに街で飲食や遊びを楽しむことができる。中国IT大手、騰訊控股(テンセント)も同日、クレジットカードの世界5大ブランドと提携し、中国香港・マカオ・台湾や外国籍のユーザーが中国大陸でモバイル決済サービス「微信支付(ウィーチャットペイ)」を使えるようにすると発表した。(記者/殷曉聖)<映像内容>中国国内の外国人観光客向けにアリペイ海外版のサービス開始、撮影日:2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 観光客 モバイル決済 外国人 アリペイ アリペイ海外版 アントフィナンシャル ウィーチャット ウィーチャットペイ クレジットカード サービス サービス開始 スマホ決済 ダウンロード チャージ テンセント ブランド プログラム マカオ台湾 ミニプログラム モバイル モバイル決済サービス ユーザー 中国全域 中国国内 中国大陸 中国香港 中国香港マカオ 外国人観光客 携帯電話 携帯電話番号 決済サービス 身分認証 銀行カード 電子決済 電子決済サービス 香港マカオ 香港マカオ台湾 騰訊控股

映像情報

撮影日
2019/11/06
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分16秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4