コウノトリの群れが曹妃甸湿地に飛来河北省
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 コウノトリの群れが曹妃甸湿地に飛来河北省  5日、曹妃甸湿地で餌を探すコウノトリの群れ。中国河北省唐山市曹妃甸(そうひでん)湿地ではこのところ、多数のコウノトリが飛来し、休息したり餌をついばんだりしている。コウノトリは野生個体数が極めて少ないため、「鳥類の国宝」「鳥類のパンダ」とも呼ばれており、現在世界の個体数は3千羽に満たないという。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 風景 動物 生き物 コウノトリ 中国河北省 中国河北省唐山市 唐山市曹 妃甸湿地 河北省唐山市 河北省唐山市曹 野生個体 飛来河北省

画像情報

登録日時
2019/11/05 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3480×5065 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
50.4(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ