ビエンチャンの凱旋門、「パトゥーサイ」を訪ねて
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

ビエンチャンの凱旋門、「パトゥーサイ」を訪ねて  朝焼けに染まるパトゥーサイ公園。そのそばを車が慌ただしく行き交う。(10月31日撮影)ラオスの首都ビエンチャンの中心地にある「パトゥーサイ」(凱旋門)は、戦死者の慰霊のための門として、1950~60年代に建設が始まった。パトゥーサイ公園とともに同市中心部のランドマークとなっているこの建物は、現在、観光客や地元市民が集う憩いの場になっている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 建築 外観 風景 街並み KaikeoSaiyasane パトゥーサイ パトゥーサイ公園 ビエンチャン ランドマーク 同市中心部 地元市民 首都ビエンチャン

画像情報

登録日時
2019/10/31 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
1481×2736 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
11.5(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ