「新華社」「双11」を支えるアリババの新技術
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」「双11」を支えるアリババの新技術 中国で11月11日の「独身の日」にちなんだ年間最大のネット通販イベント「双11(ダブルイレブン)」がスタートした。取引額が毎年過去最高を更新する中、世界最先端のさまざま技術も生まれている。中国電子商取引(EC)大手のアリババグループは、今年の「双11」でどのような新しい体験をもたらすのだろうか。消費者がスマートフォン(スマホ)で商品の二次元バーコードを読み取ると、AI(人工知能)とAR(拡張現実)技術により、バーチャルで商品の異なる色を試すことができる。このARメイク技術は、画像処理エンジンがミリ秒レベルの速さで、スマホ画面に映し出されたユーザーの顔にメイクを再現し、リアルなメイクアップ効果を効果的に再現できる。水没式液冷は、サーバーを特殊な絶縁冷却液の中に浸すことで、冷却液が演算処理中に発生した熱を直接吸収して外部循環ユニットで冷却する。全過程で放熱のためのエネルギーをほぼ使わない、極めて効率の高い放熱方式となっている。アリババは「双11」の開幕直前、独自に開発した液冷、深層水冷などの技術を用いて、1万件のEC取引で消費する電力を2キロワット時以内に抑えると発表した。これは「双11」当日だけで、20万キロワット時以上の電力が節約できることを意味する。このほか、商品をスマート識別するライブ配信、自然言語処理とディープラーニングをベースにしたスマート対話ロボット、画像に基づくスマートQ&A、64種の言語をカバーした高性能な機械翻訳など、新たな技術が登場するという。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>ARメイク技術、サーバーを特殊な絶縁冷却液の中に浸す水没式液冷の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ EC IT 科学 技術 ARメイク ARメイク技術 EC取引 アリババ アリババグループ イベント エネルギー エンジン サーバー スタート スマホ画面 スマート スマートフォン スマート対話 スマート対話ロボット ダブルイレブン ディープラーニング ネット通販 ネット通販イベント バーコード バーチャル ミリ秒レベル メイクアップ メイクアップ効果 メイク技術 ユニット ユーザー ライブ配信 ロボット 世界最先端 中国電子商取引 二次元バーコード 人工知能 外部循環 外部循環ユニット 対話ロボット 年間最大 循環ユニット 拡張現実 放熱方式 極めて効率 機械翻訳 深層水冷 演算処理 画像処理 画像処理エンジン 秒レベル 絶縁冷却 自然言語 自然言語処理 過去最高 開幕直前 電子商取引 高い放熱 高い放熱方式

映像情報

撮影日
2019/11/07
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分52秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4