「新華社」磁山文化の謎に迫る8千年前の炊事道具とは?
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」磁山文化の謎に迫る8千年前の炊事道具とは? 中国河北省武安市にある磁山文化遺跡は、中国の新石器時代文化を構成する重要な一部分であり、8千年以上前の人類の生活風景を今に伝えている。遺跡に隣接する中国磁山文化遺跡博物館には、磁山文化を代表する器物として、つぼ型土器に三つの足をつけた炊事具が展示されている。その独特な造形は美しさと実用性を兼ね備えている。土器を支える足は鳥の形をモチーフにしている。上部が平らになった3本の足の上に土器を乗せると、鳥の前頭部に当たる部分がちょうど土器の外縁部を支える形となり、土器と支えの足が絶妙に組み合わさる。土器は貯蔵容器としても炊事道具としても使える。磁山文化の社会の特徴を十分に伝える道具であり、中国陶器の起源と発展を探る上で重要な研究価値を持つ。(記者/岳文婷)<映像内容>中国磁山文化遺跡博物館の展示、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国文化 歴史 モチーフ 中国河北省 中国河北省武安市 中国磁山文 中国陶器 新石器時代 新石器時代文化 河北省武安市 炊事道具 生活風景 研究価値 磁山文化 貯蔵容器 遺跡博物館

映像情報

撮影日
2019/11/07
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分57秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4