「新華社」アリババクラウド、「双11」の世界最大級アクセス量ピーク制す
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」アリババクラウド、「双11」の世界最大級アクセス量ピーク制す 中国電子商取引(EC)大手アリババグループの通販サイト「天猫(Tmall)」は11日午前、2019年の「双11(ダブルイレブン)」によるアクセス量のピークを無事に乗り切ったと発表した。「双11」は毎年11月11日に行われる中国の年間最大のネット通販イベント。アリババはまた「双11」のコアシステムがすでに100%、同グループのクラウドサービス「阿里雲(アリババクラウド)」のパブリッククラウド上で運用されており、中国で唯一の独自開発によるクラウドOS(オペレーティングシステム)である「飛天(APSARA)」が世界最大級のアクセス量のピークに耐え抜いたと発表した。11日を迎えて間もない午前0時1分36秒、「双11」の取引額は100億元(1元=約16円)を突破し、前年の同額到達速度を上回った。今年のピーク時の1秒当たりの注文数は、2009年の第1回「双11」時の1360倍に相当する54万4千件という世界記録を打ち立てた。発表によると、アリババは2カ月前に10万台規模の物理サーバーをオフラインのデータセンターからクラウド上に移行した。これにより同グループはコア取引システムを100%パブリッククラウド上で運用する世界初の大型インターネット企業となった。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>「双11」の取引額が100億元を突破、撮影日:2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 独身の日 双11 SARA Tmall アクセス アリババ アリババクラウド アリババグループ イベント インターネット インターネット企業 オフライン オペレーティングシステム クラウド クラウドOS クラウドサービス クラウド上 グループ コアシステム コア取引 コア取引システム サーバー サービス システム ダブルイレブン データセンター ネット通販 ネット通販イベント パブリッククラウド ピーク時 世界最大 世界記録 中国電子商取引 到達速度 取引システム 同額到達 同額到達速度 大型インターネット 大型インターネット企業 大手アリババグループ 年間最大 物理サーバー 通販サイト 電子商取引

映像情報

撮影日
2019/11/11
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分46秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4