内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ ドローン 空撮 風景 景観 建築 外観 うしょう チベット仏教 チベット仏教寺院 チベット自治区 フフホト ポタラ宮 ラプラン ラプラン寺 中国内モンゴル自治区 中国内モンゴル自治区包頭市 保存状態 内モンゴル 内モンゴル自治区 内モンゴル自治区包頭市 内モンゴル自治区包頭市北東部 包頭市北東部 小型無人機 最大規模 民族文化 清朝康熙 自治区最大規模

画像情報

登録日時
2019/11/12 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2151×3501 pixel
解像度
240 dpi
展開サイズ※
21.5(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ