「新華社」中日両国の考古学者、漢代の製鉄技術を復元
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中日両国の考古学者、漢代の製鉄技術を復元 中国四川省邛崃(きょうらい)市で16日、臨邛冶鉄の実験考古学イベントが開かれ、中国と日本の考古学者が漢代の製鉄技術を復元した。漢代の臨邛地区は、現在の成都市邛崃、蒲江一帯に当たる。当時は国内鉄器生産の中心地の一つで、漢代の文人、司馬相如(しば・しょうじょ)の妻で臨邛の才女と呼ばれた卓文君(たくぶんくん)の家族が、同時代で世界最大規模といわれる私営鉄工場を運営していた。今回のイベントは、四川大学歴史文化学院と成都文物考古研究院、四川省文物考古研究院、愛媛大学アジア古代産業考古学研究センター、邛崃市人民政府が共同で主催した。考古学関係者らは、発掘調査で見つかった漢代の溶鉱炉と文献記録を参考に原寸を縮小した直立炉を建設。生鉄の製造に成功し、漢代の製鉄技術の研究に重要な資料と成功例を提供した。愛媛大学アジア古代産業考古学研究センターの村上恭通教授によると、中国古代の製鉄技術は東南アジアに非常に大きな影響を与えたが、中でも臨邛の卓氏の技術は重要な役割を果たした。中国と日本、韓国3カ国の古代製鉄技術はいずれも卓氏の技術と関わりがあり、中国の古代製鉄技術を研究することは日本の製鉄技術の起源を研究することでもあるという。市内では15日、「中国西南地区と東南アジアの冶金技術の起源・伝播及び臨邛製鉄の実験考古学」国際学術シンポジウムも開催され、デンマークや英国、日本、中国など複数の国の専門家・学者50人余りが参加した。(記者/童芳)<映像内容>臨邛冶鉄の実験考古学イベントの様子、撮影日:2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

タグ 国際交流 文化交流 日中交流 考古学 歴史 製鉄 ょうじょ アジア古代 アジア古代産業考古学 イベント シンポジウム センター デンマーク 世界最大 世界最大規模 中国古代 中国四川省 中国四川省邛 中国西南 中国西南地区 中日両国 人民政府 冶金技術 古代産業考古学 古代産業考古学研究 古代製鉄 古代製鉄技術 四川大学 四川大学歴史 四川省文物 四川省文物考古 四川省邛 四川省邛崃 国内鉄器 国内鉄器生産 国際学術 国際学術シンポジウム 大学歴史 大学歴史文化学院 学術シンポジウム 実験考古学 実験考古学イベント 専門家学者 崃市人民 市人民政府 愛媛大学 愛媛大学アジア 愛媛大学アジア古代 成都市邛 成都市邛崃 成都文物 成都文物考古 文化学院 文物考古 文物考古研究 文献記録 村上恭通 村上恭通教授 東南アジア 歴史文化学院 産業考古学 産業考古学研究 産業考古学研究センター 発掘調査 研究センター 私営鉄工場 考古学者 考古学関係者 考古研究 臨邛地区 臨邛製鉄 蒲江一帯 製鉄技術 西南地区 起源伝播 鉄器生産

映像情報

撮影日
2019/11/16
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
368p
フレームレート
24fps
再生時間
00分54秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4