アイヌ語弁論大会開催 物語や歌を披露
本映像はログイン後にご覧いただけます

アイヌ語弁論大会開催 物語や歌を披露  アイヌ語を学ぶ人々による弁論大会「イタカンロー」が北海道千歳市で23日開かれ、東京都や静岡県などから参加した36人が日ごろ磨いたアイヌ語の物語や歌を披露した。イタカンローはアイヌ語で「話そう」の意味。多くの人たちにアイヌ語に関心を持ってもらおうと、毎年開かれている。参加者らは、アイヌ語教室で学んだりテープやラジオなどで独学で学んだりした成果を四部門でそれぞれ発表。大会は「アイヌ語が生で聞ける貴重な機会」として、研究者にも注目されている。<映像内容>参加者らがアイヌ語で物語や歌を披露する様子、イタカンローの看板など、撮影日:2019(令和元)年11月23日、撮影場所:北海道千歳市

タグ アイヌ語 弁論大会 イタカンロー 北海道千歳市 東京都 静岡県 物語 参加者 アイヌ語教室 テープ ラジオ 独学 成果 貴重 機会 研究者 文化 アイヌ アイヌ語弁論大会 アイヌ語弁論大会開催 弁論大会開催

映像情報

撮影日
2019/11/23
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分01秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4