市区町村700超で採火式 パラ聖火リレー、千人参加
本映像はログイン後にご覧いただけます

市区町村700超で採火式 パラ聖火リレー、千人参加  2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、来年8月25日のパラリンピック開幕に先立つ聖火リレーの概要を発表した。採火は全国47都道府県の700超の市区町村で実施。実際のリレーは競技会場がある東京、千葉、埼玉、静岡の4都県で8日間にわたって行われ、3人が一つのチームとなり聖火を運ぶ。ランナーは約千人の見通し。コンセプトは「Share Your Light(あなたは、きっと、誰かの光だ。)」。各地で採られた炎が地元の学校や病院などを訪れる「聖火ビジット」が行われ、全国的にパラの機運を盛り上げる。組織委の森喜朗(もり・よしろう)会長は都内での記者会見で「共生社会を象徴するものになる」と述べた。<映像内容>森会長のあいさつ、概要説明、東京2020聖火リレー公式アンバサダーで女優の石原さとみさんらによる選定基準・募集計画発表、フォトセッション(立ち位置は下手から石原さとみさん、森会長、河合純一・聖火リレー検討委員会委員、聖火リレー公式アンバサダーの田口亜希さん)、質疑応答、トーチの物撮りなど、撮影日:2019(令和元)年11月22日、撮影場所:東京都内

タグ 2020年東京五輪 パラリンピック組織委員会 東京2020 TOKYO2020 オリンピック パラリンピック オリパラ 聖火リレー 採火 全国47都道府県 700超 リレー 競技会場 東京 千葉 埼玉 静岡 一つのチーム 聖火 ランナー 約千人 コンセプト Share Your Light 各地 聖火ビジット パラ 機運 組織委員会 森喜朗 もり よしろう 共生社会 東京2020聖火リレー公式アンバサダー 女優 石原さとみ 選定基準 募集 画発表 フォトセッション 河合純一 田口亜希 トーチ Light Share TOKYO あいさつ アンバサダー セッション パラリンピック開幕 パラ聖火リレー ビジット 募集計画 募集計画発表 千人参加 基準募集 基準募集計画 市区町村 東京都内 検討委員会 検討委員会委員 概要説明 河合純一聖火リレー 河合純一聖火リレー検討委員会 立ち位置 聖火リレー検討委員会 聖火リレー検討委員会委員 計画発表 質疑応答 選定基準募集

映像情報

撮影日
2019/11/22
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分45秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4