「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 歴史 建築 中国文化 ぎょうじょう 三国ゆかり 中軸対称 中軸対称形式 元明清時代 六朝時代 区画構成 対称形式 左右対称 建築プラン 復元模型 朝鮮半島 東アジア 東アジア都城 東アジア都城様式 歴代王朝 河北省邯鄲 発掘調査 設計理念 都城建設 都城様式 都城遺跡 隋唐時代

画像情報

登録日時
2019/11/11 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2029×3186 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
18.4(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ