「新華社」希少動物クズリの姿を撮影黒竜江省大興安嶺地区
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」希少動物クズリの姿を撮影黒竜江省大興安嶺地区 中国黒竜江省大興安嶺地区の松嶺区はこのほど、北慶森林資源管理保護区内に設置した赤外線カメラが、中国国家1級保護動物のクズリが活動する様子を今月2日と5日の2回にわたり撮影したことを明らかにした。同管理保護区のスタッフによると、撮影されたクズリは体長が約80~100センチ、テンとクマの間ぐらいの大きさで、映像の中では雪の中をウロウロしたり、はしゃいだりして活発に動いている。クズリが活動する姿が同管理保護区で撮影されたのは今回が初めて。以前の国家林業局(現・国家林業草原局)の記録によると、クズリは中国に約180匹生息し、内モンゴル自治区や黒竜江省、新疆ウイグル自治区で確認されているが、個体群の数が少なく、野生で見られるのは非常に珍しい。(記者/馬暁成、強勇)<映像内容>赤外線カメラが撮影した野生のクズリの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 動物 生き物 生態 スタッフ 中国国家 中国黒竜江省 中国黒竜江省大興安嶺 保護動物 保護区内 内モンゴル自治区 動物クズリ 北慶森林 国家林業 国家林業局 国家林業草原 大興安嶺 大興安嶺地区 希少動物 希少動物クズリ 慶森林資源 撮影黒竜江省 撮影黒竜江省大興安嶺 新疆ウイグル自治区 林業草原 森林資源 森林資源管理 管理保護 管理保護区 管理保護区内 資源管理 資源管理保護 赤外線カメラ 黒竜江省 黒竜江省大興安嶺 黒竜江省大興安嶺地区

映像情報

撮影日
2019/11/20
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分06秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4