スポーツクライミング・チャイナオープン複合で日本人選手がアベック優勝
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

スポーツクライミング・チャイナオープン複合で日本人選手がアベック優勝  2日、試合中の土肥圭太。中国広東省広州市の広州大学城スポーツセンターで開催されていたスポーツクライミングのチャイナオープン2019が3日、閉幕した。日本人選手が男女でコンバインド(複合)の優勝を独占し総合的な実力を発揮した。中国登山協会が明らかにした。4日間の競技の結果、男子は日本の「2000年代生まれ」土肥圭太が優勝した。準優勝はロシアのニコライ・イアリロヴィッツ、3位はカナダのショーン・マッコールだった。女子は日本の野中生萌、伊藤ふたばがワンツーフィニッシュを飾り、韓国のソ・チェヒョンが3位となった。中国の鍾斉鑫(しょう・せいきん)は男子で5位だった。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:広州大学城体育中心/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ スポーツクライミング チャイナオープン しょうせいきん せいきん アベック アベック優勝 コンバインド ショーンマッコール スポーツクライミングチャイナオープン スポーツクライミングチャイナオープン複合 スポーツセンター ソチェヒョン チャイナオープン複合 ニコライイアリロビッツ ワンツーフィニッシュ 中国広東省 中国広東省広州市 中国登山 中国登山協会 伊藤ふたば 土肥圭太 広州大学 広州大学城体育中心 広東省広州市 日本人選手 登山協会 野中生萌

画像情報

登録日時
2019/11/02 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
6720×4480 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
86.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ