中原地方の魅力的な古鎮河南省
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

中原地方の魅力的な古鎮河南省  朱仙鎮の岳飛廟で、忠臣を陥れた「罪臣」の像をむちで打つ子ども。(2016年7月16日撮影)朱仙鎮は河南省開封市祥符区にあり、かつて湖北省の漢口鎮、江西省の景徳鎮、広東省仏山鎮と並んで、中国四大名鎮に数えられ、唐、宋の時代から水陸の交通の要衝、交易地として栄えた。当地で、古くから有名なのは木版年画(旧正月に飾る縁起物の絵)で、五代十国から北宋の時代に始まって明、清の時代に盛んとなり、中国四大木版年画の一つとされている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 中国文化 観光 街並み 風景 スタイル 中原地域 中原地方 中国文明 中国文明発祥 中心地域 五代十国 広東省仏山 広東省仏山鎮 建築スタイル 木版年画 民俗情緒 河南省開封市 河南省開封市祥符区 観光産業 観光資源 鎮河南省 開封市祥符区

画像情報

登録日時
2016/07/16 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2899×4296 pixel
解像度
113 dpi
展開サイズ※
35.6(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ