中原地方の魅力的な古鎮河南省
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

中原地方の魅力的な古鎮河南省  荊紫関鎮の「明・清古街」の一角。(2013年9月3日撮影)荊紫関(けいしかん)鎮は河南省南陽市淅川(せきせん)県にあり、2千年以上の歴史を持つ。鎮内の「明・清古街」は、中国北方地域で最も完全に保存されている古建築群の一つで、通りの両側に入り口が木製の戸の店舗700軒余りが並んでいる。いずれも清代の民間商業建築の特徴を備え、当時の姿をほぼとどめている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2013(平成25)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 中国文化 観光 街並み 風景 けいしかん せきせん スタイル 中原地域 中原地方 中国北方地域 中国文明 中国文明発祥 中心地域 北方地域 南陽市淅 商業建築 建築スタイル 民俗情緒 民間商業 民間商業建築 河南省南陽市 河南省南陽市淅 荊紫関鎮 観光産業 観光資源 鎮河南省

画像情報

登録日時
2013/09/03 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3006×4305 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
37.0(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ