「新華社」瀾滄江水源地区で13世紀の仏教壁画見つかる青海省玉樹自治州
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」瀾滄江水源地区で13世紀の仏教壁画見つかる青海省玉樹自治州 瀾滄江の水源地区に位置する中国青海省玉樹チベット族自治州嚢謙(のうけん)県で古代チベット仏教壁画が発見された。同県文化観光局が明らかにした。壁画は8世紀後半から12世紀後半にかけて北東インドを支配したパーラ朝の美術様式を色濃く残しており、13世紀前後のものと推定される。歴史学や人類学の研究できわめて高い価値を持つという。壁画は6月に同県香達鎮多昌村で行われた工事で見つかった寺院遺跡で発見された。山を切り開いた場所から五つの石壁の遺構が見つかり、内壁部分の3カ所で壁画が確認された。遺跡を調査した故宮博物院チベット仏教文物研究所の羅文華(ら・ぶんか)所長は、壁画が13世紀頃のものであると暫定的に判断した。壁画の下方にはチベット文字の題辞があり、年代的に同省でこれまで見つかったチベット仏教壁画の中でも最古のものである可能性があるという。パーラ朝美術が中国に与えた影響やチベット仏教後伝期の初期(11世紀前後)に同地域が果たした歴史的役割を研究する上で貴重な資料となる。文化観光局の職員は、史料の記載が少ない中で今回壁画が見つかったことは、研究者が青海チベット高原の先住民の活動を理解する上で重要な役割を果たすと話している。(記者/田文傑)<映像内容>13世紀の仏教壁画を発見、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 壁画 遺跡 歴史 のうけん チベット仏教 チベット仏教壁画 チベット仏教文物 チベット仏教文物研究所 チベット文字 チベット高原 パーラ朝 パーラ朝美術 中国青海省 中国青海省玉樹チベット族自治州 仏教壁画 内壁部分 北東インド 古代チベット仏教 古代チベット仏教壁画 同県文化 同県文化観光局 寺院遺跡 故宮博物院 故宮博物院チベット仏教 故宮博物院チベット仏教文物 文化観光 文化観光局 文物研究所 歴史的役割 水源地区 江水源地区 滄江水源 瀾滄江水 玉樹チベット族自治州 玉樹チベット族自治州嚢 玉樹チベット族自治州嚢謙 玉樹自治州 美術様式 鎮多昌村 青海チベット高原 青海省玉樹 青海省玉樹チベット族自治州 青海省玉樹チベット族自治州嚢 青海省玉樹自治州

映像情報

撮影日
2019/12/03
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分11秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4