「新華社」デジタル技術でよみがえる文化財山西省天竜山石窟
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」デジタル技術でよみがえる文化財山西省天竜山石窟 中国山西省各級の文化財部門ではここ数年、浙江大学など国内外の研究機関と幅広く共同研究を行い、文化財のデジタル化を推進して、良好な成果を収めている。同省太原市博物館で現在、デジタル技術を応用し、仏像の復元や没入型鑑賞、VR(仮想現実)体験などを実現した展覧会「美成天竜-天竜山石窟デジタル復元展」が開かれている。同展は、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された天竜山石窟の科学技術による保護の成果を、中国で初めて展示している。同石窟は東魏(534~550年)から隋・唐時代(581~907年)にかけて開削された。太原市天竜山石窟博物館は2013年から米シカゴ大学、太原理工大学と協力して、9カ国27館の博物館で3Dデータを収集し、国外にある110件の文化財のデータの読み取りを完成するとともに、デジタル技術によって主要な洞窟11カ所の復元に成功した。(記者/馬志異、劉浩)<映像内容>「美成天竜-天竜山石窟デジタル復元展」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT VR 科学 技術 中国文化 歴史 シカゴ大学 デジタル デジタル化 デジタル復元 デジタル技術 中国山西省 仮想現実 保護単位 共同研究 同省太原市 同省太原市博物館 国家重点 国家重点文物 天竜山石 天竜山石窟 太原市博物館 太原市天竜 太原市天竜山石 太原理工 太原理工大学 山石窟デジタル 山石窟博物館 山西省天竜 山西省天竜山石 文化財山西省 文化財山西省天竜 文化財部門 文物保護 文物保護単位 浙江大学 理工大学 研究機関 科学技術 窟デジタル 窟デジタル復元 窟博物館 米シカゴ大学 美成天竜 読み取り 重点文物 重点文物保護 重要文化財 隋唐時代

映像情報

撮影日
2019/12/05
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
03分52秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4