巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区  3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 中国文化 料理 観光 ジャガイモ チャリティー チャリティー販売 ハンギン後旗 バヤンノール市 バヤンノール市ハンギン後旗 フフホト 中国内モンゴル自治区 中国内モンゴル自治区バヤンノール市 内モンゴル自治区 内モンゴル自治区バヤンノール市 料理内モンゴル自治区 料理名人 煮込み料理 煮込み料理内モンゴル自治区 白菜漬け 貧困世帯 貧困脱却 難関攻略

画像情報

登録日時
2019/12/03 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3039×2000 pixel
解像度
96 dpi
展開サイズ※
17.3(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ