明暗分かれ、原告も戸惑い 原爆症めぐる名古屋訴訟
本映像はログイン後にご覧いただけます

明暗分かれ、原告も戸惑い 原爆症めぐる名古屋訴訟  「生あるうちに認定を」―。原爆症認定訴訟で31日、原告4人の明暗が分かれた名古屋地裁判決。主文の言い渡し直後の午前10時半すぎ、同地裁から走り出た弁護士が「一部勝訴」と書かれた幕を掲げた。法廷の外で待ち受けた数十人の支援者から起きた拍手はまばらで、驚きと戸惑いが広がった<映像内容>地裁外観、横断幕を掲げ地裁へ到着した原告、支援者、「一部勝訴」の幕を掲げる弁護士、判決を受けコメントする弁護士、集会会場雑観、原告3人のコメント、撮影日:2007(平成19)年1月31日、撮影場所:愛知県名古屋市

タグ 認定 原爆症認定訴訟 原告 明暗 名古屋地裁判決 弁護士 一部勝訴 驚き 戸惑い 愛知県名古屋市 コメント 会場雑観 原爆症認定 名古屋地裁 名古屋訴訟 地裁外観 言い渡し 認定訴訟 集会会場 集会会場雑観

映像情報

撮影日
2007/01/31
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分56秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4