世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  4日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 動物 生き物 しんれい ジャイアントパンダ ジャイアントパンダ繁殖 ジャイアントパンダ繁殖研究 センター チーザイ 中国陝西省 中国陝西省林業 人工飼育 唯一人工 唯一人工飼育 嶺ジャイアントパンダ 嶺ジャイアントパンダ繁殖 林業科学 研究センター 秦嶺ジャイアントパンダ 繁殖研究 繁殖研究センター 茶色パンダ 陝西省林業 陝西省林業科学

画像情報

登録日時
2019/12/04 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3290×4859 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
45.7(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ