KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 平成
  • ドローン
  • 景観
  • 昭和
  • 農業
  • 建設
  • 発展
  • 農家

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
並び順
  • 新しい順
8,699
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
8,699
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年09月26日
    (7)2021年中国農民収穫祭、湖南省長沙市などで開催

    23日、長沙市長沙県明月村にある隆平稲作公園。(小型無人機から)「中国農民豊収節」(収穫祭、毎年秋分の日)に当たる23日、浙江省嘉興市と湖南省長沙市、四川省徳陽市の3都市で収穫祭イベントが開かれた。湖南省長沙市の会場では、全国農民文化芸術公演や無形文化遺産体験、定期市、稲刈り大会などの催しが行われ、農村振興に向けた新たな取り組みや産業振興による新たな成果が披露された。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092602376

  • 2021年09月26日
    (9)2021年中国農民収穫祭、湖南省長沙市などで開催

    23日、長沙市長沙県明月村の隆平稲作公園にある田んぼ迷路。(小型無人機から)「中国農民豊収節」(収穫祭、毎年秋分の日)に当たる23日、浙江省嘉興市と湖南省長沙市、四川省徳陽市の3都市で収穫祭イベントが開かれた。湖南省長沙市の会場では、全国農民文化芸術公演や無形文化遺産体験、定期市、稲刈り大会などの催しが行われ、農村振興に向けた新たな取り組みや産業振興による新たな成果が披露された。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092602355

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (15)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村で、ハダカムギを収穫する農家の人々。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/孫瑞博)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092502044

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (19)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村に広がるハダカムギの畑。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/孫瑞博)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092501967

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (18)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村に広がるハダカムギの畑。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092502047

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月24日
    (16)ハダカムギが収穫期迎える西蔵自治区ナクチュ市

    23日、ニマ県文部郷文部南村で、早朝からハダカムギを収穫する農家の人々。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ニマ県文部郷文部南村で23日、ハダカムギの収穫作業が始まった。村は標高4645メートル、チベット・ボン教の三大聖湖の一つ、タンラ・ユムツォ(当惹雍錯)の湖畔にあり、村民は半農半牧の暮らしを送っている。同郷には二つの村があり、合計2109人の農牧民が暮らしている。耕地面積が666ムー(約44ヘクタール)、放牧地が443万1600ムー(約29万5500ヘクタール)で、1人当たり平均年収は9853元(1元=約17円)となっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092502057

  • 2021年09月23日
    (6)山あいに実るリンゴが貧困脱却を後押し雲南省昭通市

    空から見た広大なリンゴ栽培拠点。(2020年8月8日、小型無人機から)中国の烏蒙山区に位置する雲南省昭通市昭陽区と魯甸(ろでん)県で、1万ムー(約667ヘクタール)にわたり栽培されているリンゴが実りの季節を迎えた。同市はここ数年、リンゴ産業の発展と環境に配慮した都市建設の推進に力を入れ、貧困脱却を着実に実現、農村振興を後押ししている。2020年のリンゴ生産量は70万トン、総生産高は100億元(1元=17円)に達している。(昭通=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092308553

  • 2021年09月23日
    (8)収穫期迎えた棚田に広がる秋景色湖北省秭帰県

    21日、秭帰県沙鎮渓鎮長春村の棚田で、稲刈りをする農家の人。(小型無人機から)中国湖北省宜昌市秭帰(しき)県では寒さに強い「高山冷水稲」が収穫期を迎え、農家の人たちが農作業に励んでいる。幾重にも重なり合う棚田には、美しい秋の風景が一面に広がっている。(宜昌=新華社配信/向紅梅)= 配信日: 2021(令和3)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092312739

  • 2021年09月23日
    (9)収穫期迎えた棚田に広がる秋景色湖北省秭帰県

    21日、秭帰県沙鎮渓鎮長春村の棚田で、農作業に励む農家の人。(小型無人機から)中国湖北省宜昌市秭帰(しき)県では寒さに強い「高山冷水稲」が収穫期を迎え、農家の人たちが農作業に励んでいる。幾重にも重なり合う棚田には、美しい秋の風景が一面に広がっている。(宜昌=新華社配信/向紅梅)= 配信日: 2021(令和3)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092312757

  • 2021年09月22日
    (2)長江に水上サービスエリア続々船舶のグリーン航行支える

    南通如皋水上グリーン総合サービスエリアの浮桟橋の一つ。(9月2日撮影、小型無人機から)中国の長江では、水上公共サービス施設の建設が長い間停滞していたが、ここ数年で多くの施設が建設され、運営されるようになった。これらの施設は船員の逗留場所になるだけでなく、長江の水上輸送にグリーン(環境配慮型)原動力を注入している。江蘇省如皋(じょこう)市でこのほど運用が始まった「南通如皋水上グリーン総合サービスエリア」は、長江流域で最大規模の水上サービスエリア。浮き桟橋4隻を縦に連結させており、最も大きい浮き桟橋は長さが110メートルある。エリア内には、船の消耗品や日用品を販売するスーパーマーケットだけでなく、オール電化キッチンと食堂もあり、さらには理容室やジム、医務室まで完備する。(南通=新華社記者/楊丁淼)= 配信日: 2021(令和3)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092204041

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月22日
    (5)「中国基準」の国産綿花、初の審査承認段階へ

    16日、ブグル県タルラク(塔爾拉克)郷に広がる「中国綿花」持続可能な発展プロジェクトの試験畑。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区で16日、「中国綿花」持続可能な発展プロジェクト(以下、「中国綿花プロジェクト」)の管理基準に基づいて生産された綿花が、国内で初めて審査承認段階に入った。中国綿花協会は同日、北京中合金諾認証中心(COIC)と共同で、同自治区バインゴリン・モンゴル自治州のブグル(輪台)県やロプノール(尉犁)県などで審査承認作業を開始した。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092201318

  • 2021年09月22日
    (1)長江に水上サービスエリア続々船舶のグリーン航行支える

    南通如皋水上グリーン総合サービスエリアの全景。(6月4日撮影、小型無人機から)中国の長江では、水上公共サービス施設の建設が長い間停滞していたが、ここ数年で多くの施設が建設され、運営されるようになった。これらの施設は船員の逗留場所になるだけでなく、長江の水上輸送にグリーン(環境配慮型)原動力を注入している。江蘇省如皋(じょこう)市でこのほど運用が始まった「南通如皋水上グリーン総合サービスエリア」は、長江流域で最大規模の水上サービスエリア。浮き桟橋4隻を縦に連結させており、最も大きい浮き桟橋は長さが110メートルある。エリア内には、船の消耗品や日用品を販売するスーパーマーケットだけでなく、オール電化キッチンと食堂もあり、さらには理容室やジム、医務室まで完備する。(南通=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092203994

  • 01:29.42
    2021年09月21日
    基準地価2年連続下落 明治屋銀座ビルや梅田空撮

    国土交通省が21日発表した7月1日時点の都道府県地価(基準地価)は、全用途の全国平均が前年比マイナス0・4%だった。下落は2年連続、下落幅は0・2ポイント縮小した。長引く新型コロナウイルス流行が影響し、店舗、ホテルの需要低迷で商業地が下落幅を広げる一方、住宅地はやや改善した。三大都市圏は横ばいから0・1%のプラスに浮上したが、うち大阪圏はマイナスに転じ、地方圏も下落が続いた。<映像内容>基準地価が16年連続で最高価格となった「明治屋銀座ビル」、大阪・梅田・JR大阪駅北側のグランフロント大阪周辺の空撮、撮影日:2021(令和3)年9月21日、撮影場所:東京都中央区

    商品コード: 2021092203525

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月18日
    (3)広州市国際健康ステーション、医療スタッフ第1陣が到着

    17日、広州市白雲区鍾落潭鎮馬瀝村の居住区画に設置された広州市国際健康ステーション。(小型無人機から)中国に入国する旅行者が、隔離期間を過ごし健康観察サービスを受ける施設「広州市国際健康ステーション」の第1期がまもなく稼働する。17日午前、広東省の広州市紅十字会(赤十字会)医院から派遣された第1陣医療スタッフ184人が、旅行者への医療サービスを担当するためステーションに入った。同ステーションは、人口密集地域から遠く離れており、広州白雲国際空港から約30~45キロの市内白雲区鍾落潭鎮馬瀝村の居住区画にある。総建築面積25万平方メートル、総投資額17億元(1元=約17円)以上で、総客室数5074室に加え、バリアフリールームも11室設け、多様な旅行者のニーズに対応している。(広州=新華社記者/盧漢欣)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091900329

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月18日
    (1)広州市国際健康ステーション、医療スタッフ第1陣が到着

    17日、広州市白雲区鍾落潭鎮馬瀝村の居住区画に設置された広州市国際健康ステーション。(小型無人機から)中国に入国する旅行者が、隔離期間を過ごし健康観察サービスを受ける施設「広州市国際健康ステーション」の第1期がまもなく稼働する。17日午前、広東省の広州市紅十字会(赤十字会)医院から派遣された第1陣医療スタッフ184人が、旅行者への医療サービスを担当するためステーションに入った。同ステーションは、人口密集地域から遠く離れており、広州白雲国際空港から約30~45キロの市内白雲区鍾落潭鎮馬瀝村の居住区画にある。総建築面積25万平方メートル、総投資額17億元(1元=約17円)以上で、総客室数5074室に加え、バリアフリールームも11室設け、多様な旅行者のニーズに対応している。(広州=新華社記者/盧漢欣)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091811333

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月18日
    (2)広州市国際健康ステーション、医療スタッフ第1陣が到着

    17日、広州市白雲区鍾落潭鎮馬瀝村の居住区画に設置された広州市国際健康ステーション。(小型無人機から)中国に入国する旅行者が、隔離期間を過ごし健康観察サービスを受ける施設「広州市国際健康ステーション」の第1期がまもなく稼働する。17日午前、広東省の広州市紅十字会(赤十字会)医院から派遣された第1陣医療スタッフ184人が、旅行者への医療サービスを担当するためステーションに入った。同ステーションは、人口密集地域から遠く離れており、広州白雲国際空港から約30~45キロの市内白雲区鍾落潭鎮馬瀝村の居住区画にある。総建築面積25万平方メートル、総投資額17億元(1元=約17円)以上で、総客室数5074室に加え、バリアフリールームも11室設け、多様な旅行者のニーズに対応している。(広州=新華社記者/盧漢欣)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091811336

  • 2021年09月17日
    (11)山間地域で奮闘する農村の教師たち江西省

    地元の人から「雲の上の小学校」と呼ばれる、江西省于都(うと)県仙下郷の竜渓小学校。(小型無人機から、8月31日撮影)中国江西省の辺ぴな山間部では、教師たちが何世代にもわたり地元の教育事業に取り組んでおり、貧しく立ち遅れた地域を変貌させようと力を尽くしてきた。彼らの努力により、ますます多くの人々が進学のために村を離れてから、再びふるさとに戻り、郷村の建設に貢献するようになった。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091714725

  • 2021年09月17日
    (2)「90後」人材の誘致で農村振興を後押し浙江省杭州市

    16日、余岳峰さんが経営する杭州市臨安区太陽鎮の田んぼ。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨安区太陽鎮出身の「90後」(1990年代生まれ)余岳峰(よ・がくほう)さんが、農村振興の新たな担い手として活躍している。余さんは浙江農林大学を卒業後、故郷に戻り600ムー(40ヘクタール)余りの田んぼの経営を請け負った。経営にはデジタル管理を導入し、農業機械化や小型無人機による農薬・肥料の散布、病害虫のリアルタイム監視といったテクノロジーを利用して、環境に配慮した病害虫の予防・抑制メカニズムを構築した。同鎮はここ数年、人材基金を設立し、人材の誘致と育成、政策支援などの方法で、優秀な大学生や起業家の若者が故郷に戻り地元に貢献することを奨励し、農村振興と共同富裕を後押ししている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091712315

  • 2021年09月16日
    (1)「渓橋」プロジェクトで農牧民の移動を便利に西蔵自治区

    12日、墨竹工卡県格桑村の「渓橋」プロジェクト工事現場。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市墨竹工卡(メルド・グンカル)県の「渓橋」プロジェクトは、江蘇省南京市が対口(カウンターパート)支援として実施している。農牧民の移動の利便性を高めるための民生事業で、昨年着工した。3年間で同県の農地や放牧地に100本の渓橋を建設し、8郷鎮40行政村の1万4600戸、5万6千人をカバーする。(ラサ=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091606891

  • 2021年09月16日
    (4)「渓橋」プロジェクトで農牧民の移動を便利に西蔵自治区

    12日、墨竹工卡県格桑村の「渓橋」プロジェクト工事現場。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市墨竹工卡(メルド・グンカル)県の「渓橋」プロジェクトは、江蘇省南京市が対口(カウンターパート)支援として実施している。農牧民の移動の利便性を高めるための民生事業で、昨年着工した。3年間で同県の農地や放牧地に100本の渓橋を建設し、8郷鎮40行政村の1万4600戸、5万6千人をカバーする。(ラサ=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091606860

  • 2021年09月16日
    (3)「渓橋」プロジェクトで農牧民の移動を便利に西蔵自治区

    12日、墨竹工卡県格桑村の「渓橋」プロジェクト工事現場。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市墨竹工卡(メルド・グンカル)県の「渓橋」プロジェクトは、江蘇省南京市が対口(カウンターパート)支援として実施している。農牧民の移動の利便性を高めるための民生事業で、昨年着工した。3年間で同県の農地や放牧地に100本の渓橋を建設し、8郷鎮40行政村の1万4600戸、5万6千人をカバーする。(ラサ=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091606900

  • 2021年09月16日
    (2)「渓橋」プロジェクトで農牧民の移動を便利に西蔵自治区

    12日、墨竹工卡県格桑村の「渓橋」プロジェクト工事現場。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市墨竹工卡(メルド・グンカル)県の「渓橋」プロジェクトは、江蘇省南京市が対口(カウンターパート)支援として実施している。農牧民の移動の利便性を高めるための民生事業で、昨年着工した。3年間で同県の農地や放牧地に100本の渓橋を建設し、8郷鎮40行政村の1万4600戸、5万6千人をカバーする。(ラサ=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091606865

  • 2021年09月14日
    (2)実りの季節、稲穂が黄金色に貴州省竜里県

    12日、黄金色に染まった竜里県湾灘河鎮金批村の田んぼ。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州竜里県湾灘河鎮で、収穫期を迎えた稲穂が黄金色に色づいた。農家の人々は晴れ間を利用し、稲刈りに精を出している。(竜里=新華社配信/竜毅)= 配信日: 2021(令和3)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091500050

  • 2021年09月14日
    (2)少数民族の高齢者に多様な介護サービスを提供甘粛省

    2日、甘粛省甘南チベット族自治州のルチュ(碌曲)県にある社会総合福利院。(小型無人機から)中国は継続的な国民生活の改善に取り組んでおり、辺ぴな場所に住む少数民族の高齢者に多様な介護サービスを提供するため、在宅を基本とし、社区(コミュニティー)をよりどころに、高齢者福祉施設を補完とする多層的な高齢者サービス体系を構築している。甘粛省甘南チベット族自治州はここ数年、累計2億5千万元(1元=約17円)の各種資金を投じ、介護施設の建設、改修、在宅介護のための補助金支出、施設・設備の補修を行ってきた。また公的介護施設59カ所、農村互助幸福院320カ所を建設し、独居高齢者に新たな「家」を提供している。(甘南=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091415582

  • 2021年09月14日
    (3)実りの季節、稲穂が黄金色に貴州省竜里県

    12日、黄金色に染まった竜里県湾灘河鎮金批村の田んぼ。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州竜里県湾灘河鎮で、収穫期を迎えた稲穂が黄金色に色づいた。農家の人々は晴れ間を利用し、稲刈りに精を出している。(竜里=新華社配信/竜毅)= 配信日: 2021(令和3)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091500049

  • 2021年09月14日
    (6)実りの季節、稲穂が黄金色に貴州省竜里県

    12日、黄金色に染まった竜里県湾灘河鎮金批村の田んぼと農作業車。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州竜里県湾灘河鎮で、収穫期を迎えた稲穂が黄金色に色づいた。農家の人々は晴れ間を利用し、稲刈りに精を出している。(竜里=新華社配信/竜毅)= 配信日: 2021(令和3)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091500034

  • 2021年09月14日
    (7)実りの季節、稲穂が黄金色に貴州省竜里県

    12日、稲刈りが進む竜里県湾灘河鎮金批村の田んぼ。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州竜里県湾灘河鎮で、収穫期を迎えた稲穂が黄金色に色づいた。農家の人々は晴れ間を利用し、稲刈りに精を出している。(竜里=新華社配信/竜毅)= 配信日: 2021(令和3)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091500048

  • 2021年09月14日
    (5)実りの季節、稲穂が黄金色に貴州省竜里県

    12日、黄金色に染まった竜里県湾灘河鎮金批村の田んぼ。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州竜里県湾灘河鎮で、収穫期を迎えた稲穂が黄金色に色づいた。農家の人々は晴れ間を利用し、稲刈りに精を出している。(竜里=新華社配信/竜毅)= 配信日: 2021(令和3)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091500024

  • 2021年09月14日
    (4)実りの季節、稲穂が黄金色に貴州省竜里県

    12日、黄金色に染まった竜里県湾灘河鎮金批村の田んぼ。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州竜里県湾灘河鎮で、収穫期を迎えた稲穂が黄金色に色づいた。農家の人々は晴れ間を利用し、稲刈りに精を出している。(竜里=新華社配信/竜毅)= 配信日: 2021(令和3)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091500025

  • 2021年09月14日
    (1)実りの季節、稲穂が黄金色に貴州省竜里県

    12日、黄金色に染まった竜里県湾灘河鎮金批村の田んぼ。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州竜里県湾灘河鎮で、収穫期を迎えた稲穂が黄金色に色づいた。農家の人々は晴れ間を利用し、稲刈りに精を出している。(竜里=新華社配信/竜毅)= 配信日: 2021(令和3)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091500033

  • 2021年09月14日
    (8)実りの季節、稲穂が黄金色に貴州省竜里県

    12日、黄金色に染まった竜里県湾灘河鎮金批村の田んぼ。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州竜里県湾灘河鎮で、収穫期を迎えた稲穂が黄金色に色づいた。農家の人々は晴れ間を利用し、稲刈りに精を出している。(竜里=新華社配信/竜毅)= 配信日: 2021(令和3)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091500052

  • 2021年09月13日
    (3)中国初の無人機飛行場が運用開始陝西省楡林市

    8日、楡林靖辺ゼネアビ空港。(小型無人機から)中国陝西省楡林市靖辺県でこのほど、国内初の無人航空機試験飛行場「楡林靖辺ゼネアビ空港(無人機テストセンター)」が空港使用許可証を取得し、運用を開始した。全業界に向けた無人機システム試験専門の公共サービス施設として西北工業大学無人機研究所(同省西安市)が建設し、運営も同研究所が担う。(靖辺=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091315362

  • 2021年09月13日
    (4)中国初の無人機飛行場が運用開始陝西省楡林市

    8日、楡林靖辺ゼネアビ空港の滑走路。(小型無人機から)中国陝西省楡林市靖辺県でこのほど、国内初の無人航空機試験飛行場「楡林靖辺ゼネアビ空港(無人機テストセンター)」が空港使用許可証を取得し、運用を開始した。全業界に向けた無人機システム試験専門の公共サービス施設として西北工業大学無人機研究所(同省西安市)が建設し、運営も同研究所が担う。(靖辺=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091315363

  • 2021年09月13日
    (2)中国初の無人機飛行場が運用開始陝西省楡林市

    8日、楡林靖辺ゼネアビ空港。(小型無人機から)中国陝西省楡林市靖辺県でこのほど、国内初の無人航空機試験飛行場「楡林靖辺ゼネアビ空港(無人機テストセンター)」が空港使用許可証を取得し、運用を開始した。全業界に向けた無人機システム試験専門の公共サービス施設として西北工業大学無人機研究所(同省西安市)が建設し、運営も同研究所が担う。(靖辺=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091315364

  • 2021年09月13日
    (5)中国初の無人機飛行場が運用開始陝西省楡林市

    楡林靖辺ゼネアビ空港の滑走路。(資料写真、小型無人機から)中国陝西省楡林市靖辺県でこのほど、国内初の無人航空機試験飛行場「楡林靖辺ゼネアビ空港(無人機テストセンター)」が空港使用許可証を取得し、運用を開始した。全業界に向けた無人機システム試験専門の公共サービス施設として西北工業大学無人機研究所(同省西安市)が建設し、運営も同研究所が担う。(靖辺=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091315365

  • 2021年09月13日
    (1)中国初の無人機飛行場が運用開始陝西省楡林市

    8日、楡林靖辺ゼネアビ空港。(小型無人機から)中国陝西省楡林市靖辺県でこのほど、国内初の無人航空機試験飛行場「楡林靖辺ゼネアビ空港(無人機テストセンター)」が空港使用許可証を取得し、運用を開始した。全業界に向けた無人機システム試験専門の公共サービス施設として西北工業大学無人機研究所(同省西安市)が建設し、運営も同研究所が担う。(靖辺=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091315321

  • 2021年09月10日
    (2)メロン栽培で農家の収入増を後押し寧夏回族自治区霊武市

    8日、霊武市郝家橋鎮涇霊新村のメロン栽培拠点。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区霊武市郝家橋(かくかきょう)鎮の涇霊(けいれい)新村はここ数年、企業を誘致してメロン栽培に取り組んできた。同村は生態系の保全・復旧のため他地域へ移住する「生態移民」政策の対象となった人々が新たに生活を始めた村の一つ。1500ムー(100ヘクタール)余りの土地に連棟型の農業用ハウスを建て、受注生産方式を採用することで農業従事者300人以上の収入増を実現し、農村振興を後押ししている。(銀川=新華社記者/楊植森)= 配信日: 2021(令和3)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091014016

  • 2021年09月10日
    (4)メロン栽培で農家の収入増を後押し寧夏回族自治区霊武市

    8日、霊武市郝家橋鎮涇霊新村のメロン栽培拠点。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区霊武市郝家橋(かくかきょう)鎮の涇霊(けいれい)新村はここ数年、企業を誘致してメロン栽培に取り組んできた。同村は生態系の保全・復旧のため他地域へ移住する「生態移民」政策の対象となった人々が新たに生活を始めた村の一つ。1500ムー(100ヘクタール)余りの土地に連棟型の農業用ハウスを建て、受注生産方式を採用することで農業従事者300人以上の収入増を実現し、農村振興を後押ししている。(銀川=新華社記者/楊植森)= 配信日: 2021(令和3)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091014014

  • 2021年09月09日
    (1)家禽卵の生産で農家の収入増を後押し湖南省衡陽市

    8月31日、湖南省衡陽市衡東県霞流鎮李花村で放し飼いされているアヒル。(小型無人機から)中国湖南省衡陽市衡東県霞流鎮李花村は家禽卵の生産・加工の伝統を生かして塩漬けアヒル卵の製造企業を誘致し、住民によるアヒル飼育を進めてきた。現在の飼育数は30万羽以上に上る。村では年間2億5千万個のアヒル卵を加工し、年間生産高が3億元(1元=約17円)を超えている。(衡陽=新華社配信/曹正平)= 配信日: 2021(令和3)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090912225

  • 2021年09月09日
    (7)ヤマブドウ栽培で豊かさへの道を開く広西チワン族自治区

    1日、都安ヤオ族自治県菁盛郷の加禾村にある村民の住宅とヤマブドウ園。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区都安ヤオ族自治県はここ数年、同自治区の北東部と北西部にまたがる大石山区の地理的条件を十分に生かし、ヤマブドウ栽培の発展に力を入れている。現在、県内のヤマブドウの栽培面積は6万4千ムー(約4300ヘクタール)で、ヤマブドウは地元農家の増収と農村振興を後押しする重要な産業となっている。(都安=新華社記者/陸波岸)= 配信日: 2021(令和3)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090913508

  • 2021年09月08日
    (11)ハダカムギが収穫期迎えるチベット自治区ラサ市

    6日、ラサ市タクツェ(達孜)区の克日村に広がるハダカムギ畑。(小型無人機から)初秋を迎えた中国チベット自治区ラサ市の河谷地帯では、ハダカムギが収穫シーズンを迎え、農家の人たちが豊作の喜びをかみしめながら、収穫作業に励んでいる。(ラサ=新華社記者/孫瑞博)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808095

  • 2021年09月08日
    (6)ハダカムギが収穫期迎えるチベット自治区ラサ市

    6日、ラサ市タクツェ(達孜)区の克日村に広がるハダカムギ畑。(小型無人機から)初秋を迎えた中国チベット自治区ラサ市の河谷地帯では、ハダカムギが収穫シーズンを迎え、農家の人たちが豊作の喜びをかみしめながら、収穫作業に励んでいる。(ラサ=新華社記者/孫瑞博)= 配信日: 2021(令和3)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090808077

  • 2021年09月07日
    (2)雄安新区の悦容公園、建設順調河北省

    1日、河北省雄安新区にある悦容公園の北苑。(小型無人機から)中国河北省雄安新区の悦容公園建設プロジェクトは現在、建設の質と工期を守り、計画通りに進んでいる。建設大手、中建三局第三建設工程が建設を請け負う北苑三区はすでに検収の条件を整えた。同公園は雄安新区北部の容城地区にあり、敷地面積は約160ヘクタールとなっている。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090708942

  • 2021年09月07日
    (5)中国ラオス鉄道の送電プロジェクトが全面竣工

    6日、中国ラオス鉄道中国区間の墨江駅のけん引変電所。(小型無人機から)中国南方電網傘下の雲南電網によると、中国ラオス鉄道の外部給電プロジェクトが8月31日、完成した。稼働開始と送電の条件を満たし、同鉄道の年内開通に向け確かな基礎を固めた。同鉄道は雲南省昆明市とラオスの首都ビエンチャンを南北に結び、総延長は千キロ余りに及ぶ。(墨江=新華社配信/陳暢)= 配信日: 2021(令和3)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090709015

  • 2021年09月07日
    (3)中国企業が出資・運営のイスラエル・ハイファ新港が開港

    1日、上空から見たイスラエルのハイファ新港。(小型無人機から)中国港湾運営大手の上海国際港務(集団)がイスラエルで投資、建設した自動コンテナ埠頭、ハイファ新港の開港式がこのほど、オンラインで開かれた。同社は25年間の港湾経営権を保有する。(ハイファ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090704174

  • 2021年09月07日
    (3)中国ラオス鉄道の送電プロジェクトが全面竣工

    6日、中国ラオス鉄道中国区間の寧洱(ねいじ)駅近くの送電線。(小型無人機から)中国南方電網傘下の雲南電網によると、中国ラオス鉄道の外部給電プロジェクトが8月31日、完成した。稼働開始と送電の条件を満たし、同鉄道の年内開通に向け確かな基礎を固めた。同鉄道は雲南省昆明市とラオスの首都ビエンチャンを南北に結び、総延長は千キロ余りに及ぶ。(墨江=新華社配信/陳暢)= 配信日: 2021(令和3)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090709013

  • 2021年09月07日
    (1)雄安新区の悦容公園、建設順調河北省

    1日、河北省雄安新区にある悦容公園の北苑。(小型無人機から)中国河北省雄安新区の悦容公園建設プロジェクトは現在、建設の質と工期を守り、計画通りに進んでいる。建設大手、中建三局第三建設工程が建設を請け負う北苑三区はすでに検収の条件を整えた。同公園は雄安新区北部の容城地区にあり、敷地面積は約160ヘクタールとなっている。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090708933

  • 2021年09月07日
    (3)雄安新区の悦容公園、建設順調河北省

    1日、河北省雄安新区にある悦容公園の北苑。(小型無人機から)中国河北省雄安新区の悦容公園建設プロジェクトは現在、建設の質と工期を守り、計画通りに進んでいる。建設大手、中建三局第三建設工程が建設を請け負う北苑三区はすでに検収の条件を整えた。同公園は雄安新区北部の容城地区にあり、敷地面積は約160ヘクタールとなっている。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090708945

  • 2021年09月07日
    (2)中国企業が出資・運営のイスラエル・ハイファ新港が開港

    1日、上空から見たイスラエルのハイファ新港。(小型無人機から)中国港湾運営大手の上海国際港務(集団)がイスラエルで投資、建設した自動コンテナ埠頭、ハイファ新港の開港式がこのほど、オンラインで開かれた。同社は25年間の港湾経営権を保有する。(ハイファ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090704175

  • 2021年09月07日
    (1)中国ラオス鉄道の送電プロジェクトが全面竣工

    6日、中国ラオス鉄道中国区間の寧洱(ねいじ)駅近くの送電線。(小型無人機から)中国南方電網傘下の雲南電網によると、中国ラオス鉄道の外部給電プロジェクトが8月31日、完成した。稼働開始と送電の条件を満たし、同鉄道の年内開通に向け確かな基礎を固めた。同鉄道は雲南省昆明市とラオスの首都ビエンチャンを南北に結び、総延長は千キロ余りに及ぶ。(墨江=新華社配信/陳暢)= 配信日: 2021(令和3)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090709014

  • 2021年09月07日
    (4)中国ラオス鉄道の送電プロジェクトが全面竣工

    6日、中国ラオス鉄道中国区間の寧洱(ねいじ)駅近くの送電線。(小型無人機から)中国南方電網傘下の雲南電網によると、中国ラオス鉄道の外部給電プロジェクトが8月31日、完成した。稼働開始と送電の条件を満たし、同鉄道の年内開通に向け確かな基礎を固めた。同鉄道は雲南省昆明市とラオスの首都ビエンチャンを南北に結び、総延長は千キロ余りに及ぶ。(墨江=新華社配信/陳暢)= 配信日: 2021(令和3)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090709017

  • 2021年09月05日
    (5)上海産の上海ガニ、今年豊漁の見込み

    上海市浦東新区にある水産養殖企業の上海ガニ養殖場。(資料写真、小型無人機から)中国上海市郊外にあるカニ養殖場は秋の訪れとともに、大閘蟹(上海ガニ)が収穫期を迎える。同市は今夏、気温の高い日が少なく雨も多かったことから上海ガニの成長は順調で、今年は豊漁を見込んでいる。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090600232

  • 2021年09月05日
    (3)BRICS新開発銀行、新たに3カ国が加盟へ

    上海国際博覧会開かれた上海世博園区に立つ新開発銀行本部ビル。(2020年12月17日、小型無人機から撮影)中国とブラジル、ロシア、インド、南アフリカの新興5カ国(BRICS)が運営する新開発銀行(NDB、本部:中国上海市)は2日、アラブ首長国連邦(UAE)、ウルグアイ、バングラデシュの3カ国を加盟国に迎えると発表した。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090600183

  • 2021年09月05日
    (1)BRICS新開発銀行、新たに3カ国が加盟へ

    上海国際博覧会開かれた上海世博園区に立つ新開発銀行本部ビル。(2020年12月17日、小型無人機から撮影)中国とブラジル、ロシア、インド、南アフリカの新興5カ国(BRICS)が運営する新開発銀行(NDB、本部:中国上海市)は2日、アラブ首長国連邦(UAE)、ウルグアイ、バングラデシュの3カ国を加盟国に迎えると発表した。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090600238

  • 2021年09月05日
    (2)BRICS新開発銀行、新たに3カ国が加盟へ

    上海国際博覧会開かれた上海世博園区に立つ新開発銀行本部ビル。(2020年12月17日、小型無人機から撮影)中国とブラジル、ロシア、インド、南アフリカの新興5カ国(BRICS)が運営する新開発銀行(NDB、本部:中国上海市)は2日、アラブ首長国連邦(UAE)、ウルグアイ、バングラデシュの3カ国を加盟国に迎えると発表した。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090600309

  • 2021年09月04日
    (11)砂地のジャガイモが収穫期寧夏回族自治区平羅県

    2日、平羅県紅崖子郷紅瑞村の畑で、ジャガイモを運ぶ農家の人。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区石嘴山(せきしざん)市平羅県紅崖子郷では、ジャガイモの収穫期を迎え、農家が畑で収穫作業に追われている。同郷はここ数年、企業を誘致することで、ムウス(毛烏素)砂漠の周辺に広がる1500ムー(100ヘクタール)余りの砂地を整備。その柔らかな土壌と昼夜の気温差が大きい同地特有の気候の優位性を生かして、ジャガイモ栽培に力を入れ、農家の就労と増収を後押ししている。(平羅=新華社記者/楊植森)= 配信日: 2021(令和3)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090500459

  • 2021年09月04日
    (9)砂地のジャガイモが収穫期寧夏回族自治区平羅県

    2日、平羅県紅崖子郷の紅瑞村にあるジャガイモ栽培基地。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区石嘴山(せきしざん)市平羅県紅崖子郷では、ジャガイモの収穫期を迎え、農家が畑で収穫作業に追われている。同郷はここ数年、企業を誘致することで、ムウス(毛烏素)砂漠の周辺に広がる1500ムー(100ヘクタール)余りの砂地を整備。その柔らかな土壌と昼夜の気温差が大きい同地特有の気候の優位性を生かして、ジャガイモ栽培に力を入れ、農家の就労と増収を後押ししている。(平羅=新華社記者/楊植森)= 配信日: 2021(令和3)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090500447

  • 2021年09月04日
    (8)砂地のジャガイモが収穫期寧夏回族自治区平羅県

    2日、平羅県紅崖子郷の紅瑞村にあるジャガイモ栽培基地。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区石嘴山(せきしざん)市平羅県紅崖子郷では、ジャガイモの収穫期を迎え、農家が畑で収穫作業に追われている。同郷はここ数年、企業を誘致することで、ムウス(毛烏素)砂漠の周辺に広がる1500ムー(100ヘクタール)余りの砂地を整備。その柔らかな土壌と昼夜の気温差が大きい同地特有の気候の優位性を生かして、ジャガイモ栽培に力を入れ、農家の就労と増収を後押ししている。(平羅=新華社記者/楊植森)= 配信日: 2021(令和3)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090500421

  • 2021年09月03日
    (1)環境整備進むザガナ風景区甘粛省甘南チベット族自治州

    8月28日、甘粛省甘南チベット族自治州ザガナ風景区の景色。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州テウォ(迭部)県は今年に入り、手つかずの自然と農村の景観維持を重視する前提で、ザガナ(扎尕那)風景区の総合整備を実施した。庭の整地、道路や水道・電気などのインフラ改善、観光地化のための村落の改修を進め、農牧民の収入増の道を絶えず開拓。また、観光客に対しても窓を開ければ緑があり、外に出ればすぐに風景を堪能できる新鮮な体験を提供している。同風景区の森林、草原、水系など豊かな自然景観と独特な人文景観の融合は、人と自然が調和する環境の模範となっている。(テウォ=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090312361

  • 2021年09月03日
    (7)環境整備進むザガナ風景区甘粛省甘南チベット族自治州

    8月28日、甘粛省甘南チベット族自治州ザガナ風景区の景色。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州テウォ(迭部)県は今年に入り、手つかずの自然と農村の景観維持を重視する前提で、ザガナ(扎尕那)風景区の総合整備を実施した。庭の整地、道路や水道・電気などのインフラ改善、観光地化のための村落の改修を進め、農牧民の収入増の道を絶えず開拓。また、観光客に対しても窓を開ければ緑があり、外に出ればすぐに風景を堪能できる新鮮な体験を提供している。同風景区の森林、草原、水系など豊かな自然景観と独特な人文景観の融合は、人と自然が調和する環境の模範となっている。(テウォ=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090312365

  • 2021年09月03日
    (9)秋の農作業が本格化湖南省道県

    8月30日、永州市道県清塘鎮の濂渓大洞野菜栽培基地で稼働するかんがいシステム。(小型無人機から)晴天に恵まれた中国湖南省永州市道県清塘(せいとう)鎮の濂渓大洞野菜栽培基地ではこのほど、慌ただしく農作業に励む農家の姿が見られた。(永州=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090311629

  • 2021年09月03日
    (1)田園生活を体験、山紫水明の上標村を訪ねて浙江省

    8月30日、空から見た上標湖。(小型無人機から)中国浙江省麗水市景寧ショオ(畲)族自治県景南郷の上標村は、標高千メートル以上、高い山や厳しい峰が幾重にも重なる山中にある。村ではここ数年、森林地帯の管理・保護の強化や、インフラ整備に取り組んでいる。また、村民に草花の栽培を呼び掛け、清潔で美しい環境づくりにも力を入れている。故郷に戻って起業した村民は、民宿やアグリツーリズム施設などを経営し、田園生活を体験しに訪れる各地の観光客をもてなしている。(麗水=新華社配信/李粛人)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090311788

  • 2021年09月03日
    (3)田園生活を体験、山紫水明の上標村を訪ねて浙江省

    8月30日、空から見た上標村。(小型無人機から)中国浙江省麗水市景寧ショオ(畲)族自治県景南郷の上標村は、標高千メートル以上、高い山や厳しい峰が幾重にも重なる山中にある。村ではここ数年、森林地帯の管理・保護の強化や、インフラ整備に取り組んでいる。また、村民に草花の栽培を呼び掛け、清潔で美しい環境づくりにも力を入れている。故郷に戻って起業した村民は、民宿やアグリツーリズム施設などを経営し、田園生活を体験しに訪れる各地の観光客をもてなしている。(麗水=新華社配信/李粛人)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090311743

  • 2021年09月03日
    (6)環境整備進むザガナ風景区甘粛省甘南チベット族自治州

    8月28日、甘粛省甘南チベット族自治州ザガナ風景区の景色。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州テウォ(迭部)県は今年に入り、手つかずの自然と農村の景観維持を重視する前提で、ザガナ(扎尕那)風景区の総合整備を実施した。庭の整地、道路や水道・電気などのインフラ改善、観光地化のための村落の改修を進め、農牧民の収入増の道を絶えず開拓。また、観光客に対しても窓を開ければ緑があり、外に出ればすぐに風景を堪能できる新鮮な体験を提供している。同風景区の森林、草原、水系など豊かな自然景観と独特な人文景観の融合は、人と自然が調和する環境の模範となっている。(テウォ=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090312368

  • 2021年09月03日
    (12)環境整備進むザガナ風景区甘粛省甘南チベット族自治州

    8月28日、甘粛省甘南チベット族自治州ザガナ風景区の景色。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州テウォ(迭部)県は今年に入り、手つかずの自然と農村の景観維持を重視する前提で、ザガナ(扎尕那)風景区の総合整備を実施した。庭の整地、道路や水道・電気などのインフラ改善、観光地化のための村落の改修を進め、農牧民の収入増の道を絶えず開拓。また、観光客に対しても窓を開ければ緑があり、外に出ればすぐに風景を堪能できる新鮮な体験を提供している。同風景区の森林、草原、水系など豊かな自然景観と独特な人文景観の融合は、人と自然が調和する環境の模範となっている。(テウォ=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090312413

  • 2021年09月03日
    (2)水田養殖で農家の増収を推進湖南省衡陽県

    8月26日、衡陽県西渡鎮青里村で、水田の用水路で魚を取る村民。(小型無人機から)中国湖南省衡陽市衡陽県西渡鎮の青里村は今年に入ってから、収穫量の比較的少ない400ムー(約26・7ヘクタール)の水田を集中的に整備してきた。水田の周囲に幅1メートル、深さ1メートルの用水路を設置し、稲作と水産養殖を同時に行っている。この取り組みにより、水田利用率が向上し、農家の増収が実現した。(長沙=新華社配信/曹正平)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090309543

  • 2021年09月03日
    (4)水田養殖で農家の増収を推進湖南省衡陽県

    8月26日、衡陽県西渡鎮青里村で、稲作と水産養殖が同時に進められている水田。(小型無人機から)中国湖南省衡陽市衡陽県西渡鎮の青里村は今年に入ってから、収穫量の比較的少ない400ムー(約26・7ヘクタール)の水田を集中的に整備してきた。水田の周囲に幅1メートル、深さ1メートルの用水路を設置し、稲作と水産養殖を同時に行っている。この取り組みにより、水田利用率が向上し、農家の増収が実現した。(長沙=新華社配信/曹正平)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090309551

  • 2021年09月03日
    (3)環境整備進むザガナ風景区甘粛省甘南チベット族自治州

    8月28日、甘粛省甘南チベット族自治州ザガナ風景区の景色。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州テウォ(迭部)県は今年に入り、手つかずの自然と農村の景観維持を重視する前提で、ザガナ(扎尕那)風景区の総合整備を実施した。庭の整地、道路や水道・電気などのインフラ改善、観光地化のための村落の改修を進め、農牧民の収入増の道を絶えず開拓。また、観光客に対しても窓を開ければ緑があり、外に出ればすぐに風景を堪能できる新鮮な体験を提供している。同風景区の森林、草原、水系など豊かな自然景観と独特な人文景観の融合は、人と自然が調和する環境の模範となっている。(テウォ=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090312362

  • 2021年09月03日
    (8)環境整備進むザガナ風景区甘粛省甘南チベット族自治州

    8月28日、甘粛省甘南チベット族自治州ザガナ風景区の景色。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州テウォ(迭部)県は今年に入り、手つかずの自然と農村の景観維持を重視する前提で、ザガナ(扎尕那)風景区の総合整備を実施した。庭の整地、道路や水道・電気などのインフラ改善、観光地化のための村落の改修を進め、農牧民の収入増の道を絶えず開拓。また、観光客に対しても窓を開ければ緑があり、外に出ればすぐに風景を堪能できる新鮮な体験を提供している。同風景区の森林、草原、水系など豊かな自然景観と独特な人文景観の融合は、人と自然が調和する環境の模範となっている。(テウォ=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090312381

  • 2021年09月03日
    (2)田園生活を体験、山紫水明の上標村を訪ねて浙江省

    8月30日、空から見た上標村。(小型無人機から)中国浙江省麗水市景寧ショオ(畲)族自治県景南郷の上標村は、標高千メートル以上、高い山や厳しい峰が幾重にも重なる山中にある。村ではここ数年、森林地帯の管理・保護の強化や、インフラ整備に取り組んでいる。また、村民に草花の栽培を呼び掛け、清潔で美しい環境づくりにも力を入れている。故郷に戻って起業した村民は、民宿やアグリツーリズム施設などを経営し、田園生活を体験しに訪れる各地の観光客をもてなしている。(麗水=新華社配信/李粛人)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090311757

  • 2021年09月03日
    (4)環境整備進むザガナ風景区甘粛省甘南チベット族自治州

    8月28日、甘粛省甘南チベット族自治州のザガナ風景区に設置されている木道。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州テウォ(迭部)県は今年に入り、手つかずの自然と農村の景観維持を重視する前提で、ザガナ(扎尕那)風景区の総合整備を実施した。庭の整地、道路や水道・電気などのインフラ改善、観光地化のための村落の改修を進め、農牧民の収入増の道を絶えず開拓。また、観光客に対しても窓を開ければ緑があり、外に出ればすぐに風景を堪能できる新鮮な体験を提供している。同風景区の森林、草原、水系など豊かな自然景観と独特な人文景観の融合は、人と自然が調和する環境の模範となっている。(テウォ=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090312321

  • 2021年09月03日
    (8)秋の農作業が本格化湖南省道県

    8月30日、永州市道県清塘鎮の濂渓大洞野菜栽培基地で稼働するかんがいシステム。(小型無人機から)晴天に恵まれた中国湖南省永州市道県清塘(せいとう)鎮の濂渓大洞野菜栽培基地ではこのほど、慌ただしく農作業に励む農家の姿が見られた。(永州=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090311611

  • 2021年09月03日
    (7)秋の農作業が本格化湖南省道県

    8月30日、永州市道県清塘鎮の濂渓大洞野菜栽培基地で、収穫作業をする農家の人。(小型無人機から)晴天に恵まれた中国湖南省永州市道県清塘(せいとう)鎮の濂渓大洞野菜栽培基地ではこのほど、慌ただしく農作業に励む農家の姿が見られた。(永州=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090311587

  • 2021年09月03日
    (10)環境整備進むザガナ風景区甘粛省甘南チベット族自治州

    8月28日、甘粛省甘南チベット族自治州ザガナ風景区の景色。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州テウォ(迭部)県は今年に入り、手つかずの自然と農村の景観維持を重視する前提で、ザガナ(扎尕那)風景区の総合整備を実施した。庭の整地、道路や水道・電気などのインフラ改善、観光地化のための村落の改修を進め、農牧民の収入増の道を絶えず開拓。また、観光客に対しても窓を開ければ緑があり、外に出ればすぐに風景を堪能できる新鮮な体験を提供している。同風景区の森林、草原、水系など豊かな自然景観と独特な人文景観の融合は、人と自然が調和する環境の模範となっている。(テウォ=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090312384

  • 2021年09月03日
    (1)水田養殖で農家の増収を推進湖南省衡陽県

    8月26日、衡陽県西渡鎮青里村で、用水路の水位を確認する村民。(小型無人機から)中国湖南省衡陽市衡陽県西渡鎮の青里村は今年に入ってから、収穫量の比較的少ない400ムー(約26・7ヘクタール)の水田を集中的に整備してきた。水田の周囲に幅1メートル、深さ1メートルの用水路を設置し、稲作と水産養殖を同時に行っている。この取り組みにより、水田利用率が向上し、農家の増収が実現した。(長沙=新華社配信/曹正平)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090309549

  • 2021年09月02日
    (1)砂漠のメロンが収穫期寧夏回族自治区銀川市

    8月28日、月牙湖郷でメロン栽培を手掛ける穹頂(寧夏)生態科技の栽培基地。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市興慶区の月牙湖郷で、メロンが収穫期を迎えた。同郷はムウス(毛烏素)砂漠が黄河に接する地域にあり、良質な砂土と水資源というメロン栽培に絶好の条件がそろっている。地元はここ数年、企業を誘致してメロン栽培産業を発展させてきた。メロン栽培基地2200ムー(約147ヘクタール)の建設も完了し、年間8700トン余りを生産する。収穫したメロンは、浙江省や湖南省、四川省などへ出荷されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090300724

  • 2021年09月02日
    (7)砂漠のメロンが収穫期寧夏回族自治区銀川市

    8月28日、月牙湖郷でメロン栽培を手掛ける穹頂(寧夏)生態科技の栽培基地。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市興慶区の月牙湖郷で、メロンが収穫期を迎えた。同郷はムウス(毛烏素)砂漠が黄河に接する地域にあり、良質な砂土と水資源というメロン栽培に絶好の条件がそろっている。地元はここ数年、企業を誘致してメロン栽培産業を発展させてきた。メロン栽培基地2200ムー(約147ヘクタール)の建設も完了し、年間8700トン余りを生産する。収穫したメロンは、浙江省や湖南省、四川省などへ出荷されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090300727

  • 2021年09月02日
    (5)砂漠のメロンが収穫期寧夏回族自治区銀川市

    8月28日、月牙湖郷でメロン栽培を手掛ける穹頂(寧夏)生態科技の栽培基地で、メロンを出荷する従業員。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市興慶区の月牙湖郷で、メロンが収穫期を迎えた。同郷はムウス(毛烏素)砂漠が黄河に接する地域にあり、良質な砂土と水資源というメロン栽培に絶好の条件がそろっている。地元はここ数年、企業を誘致してメロン栽培産業を発展させてきた。メロン栽培基地2200ムー(約147ヘクタール)の建設も完了し、年間8700トン余りを生産する。収穫したメロンは、浙江省や湖南省、四川省などへ出荷されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090300773

  • 2021年09月02日
    (10)高さ2メートルの「巨大稲」の試験栽培に成功重慶市

    8月31日、拾万鎮長虹村の巨大稲試験栽培基地で、巨大稲の生育状況を確認する国家ハイブリッド稲工程技術研究センター重慶サブセンターの職員。(小型無人機から)中国国家ハイブリッド稲工程技術研究センターの重慶サブセンターはこのほど、重慶市大足区拾万鎮長虹村で15ムー(1ヘクタール)の「巨大稲」の試験栽培に成功したと明らかにした。1ムー(約667平方メートル)当たり800キロ以上の収穫量を見込む。重慶サブセンターの陳楊朴(ちん・ようぼく)副主任は、巨大稲の高さは通常の稲の2倍で、中には2・2メートルを超えるものもあることから、水稲の「巨人」と呼ばれていると述べている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090300481

  • 2021年09月01日
    (3)青果の施設栽培で農家の収入増を後押し寧夏回族自治区

    8月29日、空から見た銀川市賀蘭県欣栄村の青果栽培園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市賀蘭県洪広鎮欣栄村はここ数年、恵まれた立地条件を生かし、シイタケやトマト、ラズベリー、ブドウなどの施設栽培を発展させることで農家の収入増を後押ししてきた。同村は生態系の保全・復旧のため他地域へ移住する「生態移民」政策の対象となった人々が新たに生活を始めた村の一つ。現在、大・中型の農業用ハウスが約180棟あり、冷蔵倉庫も併設している。施設を利用した青果産業は、150人余りの安定した雇用を生み出している。(銀川=新華社記者/楊植森)= 配信日: 2021(令和3)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090109016

  • 2021年09月01日
    (4)青果の施設栽培で農家の収入増を後押し寧夏回族自治区

    8月29日、空から見た銀川市賀蘭県欣栄村の青果栽培園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市賀蘭県洪広鎮欣栄村はここ数年、恵まれた立地条件を生かし、シイタケやトマト、ラズベリー、ブドウなどの施設栽培を発展させることで農家の収入増を後押ししてきた。同村は生態系の保全・復旧のため他地域へ移住する「生態移民」政策の対象となった人々が新たに生活を始めた村の一つ。現在、大・中型の農業用ハウスが約180棟あり、冷蔵倉庫も併設している。施設を利用した青果産業は、150人余りの安定した雇用を生み出している。(銀川=新華社記者/楊植森)= 配信日: 2021(令和3)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090109012

  • 2021年09月01日
    (5)青果の施設栽培で農家の収入増を後押し寧夏回族自治区

    8月29日、空から見た銀川市賀蘭県欣栄村の青果栽培園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市賀蘭県洪広鎮欣栄村はここ数年、恵まれた立地条件を生かし、シイタケやトマト、ラズベリー、ブドウなどの施設栽培を発展させることで農家の収入増を後押ししてきた。同村は生態系の保全・復旧のため他地域へ移住する「生態移民」政策の対象となった人々が新たに生活を始めた村の一つ。現在、大・中型の農業用ハウスが約180棟あり、冷蔵倉庫も併設している。施設を利用した青果産業は、150人余りの安定した雇用を生み出している。(銀川=新華社記者/楊植森)= 配信日: 2021(令和3)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090109003

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月01日
    (1)中国海警船2隻、北太平洋公海での漁業法執行パトロールを完了

    18日、北太平洋の公海上を編隊航行する中国海警局の「衢山」(手前)と「海門」。(小型無人機から、動画のスクリーンショット)中国海警局の船艇「衢山」「海門」の2隻がこのほど、2021年北太平洋公海漁業法執行パトロールを終え、上海に無事帰還した。パトロール期間は31日間で、対馬、津軽、大隈などの国際海峡を通過した。期間中は、国連総会の関係決議と「北太平洋漁業資源保存条約」の規定に基づき、北太平洋で操業する漁船を監視。111隻を観察、記録し、3隻を臨検した。公海上での法執行の職責を確実に果たし、北太平洋の漁業生産秩序を守った。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090108988

  • 2021年08月31日
    (10)マングローブ林に集うサギの群れ福建省福清市

    27日、福清市海口鎮斗垣村の生態養殖場に広がるマングローブ林。(小型無人機から)中国福建省福清市海口鎮の斗垣村はここ数年、林業部門の指導の下、マングローブの植林を進めてきた。長年にわたる生態系回復活動と維持管理を経て、マングローブ林は当初の十数ムーから300ムー(20ヘクタール)余りにまで拡大し、独特な潮間帯の生態系を形成している。沿岸低地帯に広がるマングローブ林は、生態系を守る重要な障壁の役割を果たしている。中南地区の沿海部に位置する福清市の海岸線は348キロ、マングローブ林の総面積は約3800ムー(約253ヘクタール)に達する。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090101083

  • 2021年08月31日
    (11)太陽光発電を導入したエコ漁業を実現寧夏回族自治区銀川市

    24日、銀川市賀蘭県漁業公園にある京能太陽光発電養殖基地。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市賀蘭県は賀蘭山のふもと、黄河のほとりに位置し、湿地や湖が多いことから養殖漁業に有利な条件を備えている。地元の漁業部門は養殖品種の改良や技術の改善、水資源の節約・集約利用の推進を通して、黄河流域の生態保護と高品質な発展の先行区構築に取り組んできた。長年にわたる発展を経て、太陽光発電を活用した魚の養殖、野菜栽培と水産養殖を掛け合わせた「アクアポニックス」、稲作と水産養殖の両立などの低炭素でグリーン(環境配慮型)な漁業モデルは、水系循環生態システムやモノのインターネット(IoT)技術と結びついて低炭素なグリーン漁業・養殖システムを確立、同県の漁業発展と省エネ、排出削減、エネルギー消費削減・節水のモデルとなった。2020年末時点で、同県の養殖面積は5万8千ムー(約3867ヘクタール)、水産品の総生産量は5万8千トン、漁業総生産額は6億9300万元(1元=約17円)に達し、西北地域最大の水産品集散センターとなっている。(銀川=新華社記者/楊植森)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090104497

  • 2021年08月31日
    (4)毒がないジャガイモの原原種、農村振興を後押し甘粛省

    24日、ジャガイモの原原種を数えて袋詰めするスタッフ。(小型無人機から)中国甘粛省定西市隴西(ろうせい)県でこのほど、ジャガイモ原原種の栽培・育成が完成した。地元はここ数年、ジャガイモの種イモの成長期における科学的管理に力を入れ、科学研究への投資を継続的に増やし、標準化された国内有数の無毒化したジャガイモの3級繁殖育成システムを確立してきた。無毒化した苗から育ったジャガイモの原原種は、生産コスト削減と品質向上の両立により増収につながったため、「黄金の種」と呼ばれている。(蘭州=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090101094

  • 2021年08月31日
    (3)マングローブ林に集うサギの群れ福建省福清市

    27日、福清市海口鎮斗垣村の養殖場に広がるマングローブ林。(小型無人機から)中国福建省福清市海口鎮の斗垣村はここ数年、林業部門の指導の下、マングローブの植林を進めてきた。長年にわたる生態系回復活動と維持管理を経て、マングローブ林は当初の十数ムーから300ムー(20ヘクタール)余りにまで拡大し、独特な潮間帯の生態系を形成している。沿岸低地帯に広がるマングローブ林は、生態系を守る重要な障壁の役割を果たしている。中南地区の沿海部に位置する福清市の海岸線は348キロ、マングローブ林の総面積は約3800ムー(約253ヘクタール)に達する。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090101113

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年08月31日
    (4)ブドウ栽培で農村を豊かに江蘇省句容市

    29日、句容市丁荘村にあるブドウ栽培用の農業ハウス。(小型無人機から)中国江蘇省句容市丁荘村ではブドウが収穫期を迎え、訪れた多くの観光客が摘み取りを楽しんでいる。同市はここ数年、ブドウ合作社(協同組合)の協力の下で関連産業の構築に力を入れ、農村振興を後押ししてきた。昨年の村民1人当たりの平均年収は4万1500元(1元=約17円)余りに達した。(句容=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090104482

  • 2021年08月31日
    (12)太陽光発電を導入したエコ漁業を実現寧夏回族自治区銀川市

    24日、銀川市賀蘭県漁業公園にある京能太陽光発電養殖基地。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市賀蘭県は賀蘭山のふもと、黄河のほとりに位置し、湿地や湖が多いことから養殖漁業に有利な条件を備えている。地元の漁業部門は養殖品種の改良や技術の改善、水資源の節約・集約利用の推進を通して、黄河流域の生態保護と高品質な発展の先行区構築に取り組んできた。長年にわたる発展を経て、太陽光発電を活用した魚の養殖、野菜栽培と水産養殖を掛け合わせた「アクアポニックス」、稲作と水産養殖の両立などの低炭素でグリーン(環境配慮型)な漁業モデルは、水系循環生態システムやモノのインターネット(IoT)技術と結びついて低炭素なグリーン漁業・養殖システムを確立、同県の漁業発展と省エネ、排出削減、エネルギー消費削減・節水のモデルとなった。2020年末時点で、同県の養殖面積は5万8千ムー(約3867ヘクタール)、水産品の総生産量は5万8千トン、漁業総生産額は6億9300万元(1元=約17円)に達し、西北地域最大の水産品集散センターとなっている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090109018

  • 2021年08月31日
    (5)毒がないジャガイモの原原種、農村振興を後押し甘粛省

    24日、ジャガイモ原原種の繁殖育成用温室。(小型無人機から)中国甘粛省定西市隴西(ろうせい)県でこのほど、ジャガイモ原原種の栽培・育成が完成した。地元はここ数年、ジャガイモの種イモの成長期における科学的管理に力を入れ、科学研究への投資を継続的に増やし、標準化された国内有数の無毒化したジャガイモの3級繁殖育成システムを確立してきた。無毒化した苗から育ったジャガイモの原原種は、生産コスト削減と品質向上の両立により増収につながったため、「黄金の種」と呼ばれている。(蘭州=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090101123

  • 2021年08月31日
    (8)太陽光発電を導入したエコ漁業を実現寧夏回族自治区銀川市

    24日、銀川市賀蘭県漁業公園にある寧夏通威現代漁業科技の太陽光発電養殖基地。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市賀蘭県は賀蘭山のふもと、黄河のほとりに位置し、湿地や湖が多いことから養殖漁業に有利な条件を備えている。地元の漁業部門は養殖品種の改良や技術の改善、水資源の節約・集約利用の推進を通して、黄河流域の生態保護と高品質な発展の先行区構築に取り組んできた。長年にわたる発展を経て、太陽光発電を活用した魚の養殖、野菜栽培と水産養殖を掛け合わせた「アクアポニックス」、稲作と水産養殖の両立などの低炭素でグリーン(環境配慮型)な漁業モデルは、水系循環生態システムやモノのインターネット(IoT)技術と結びついて低炭素なグリーン漁業・養殖システムを確立、同県の漁業発展と省エネ、排出削減、エネルギー消費削減・節水のモデルとなった。2020年末時点で、同県の養殖面積は5万8千ムー(約3867ヘクタール)、水産品の総生産量は5万8千トン、漁業総生産額は6億9300万元(1元=約17円)に達し、西北地域最大の水産品集散センターとなっている。(銀川=新華社記者/楊植森)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090109013

  • 2021年08月31日
    (7)太陽光発電を導入したエコ漁業を実現寧夏回族自治区銀川市

    24日、銀川市賀蘭県漁業公園にある寧夏通威現代漁業科技の太陽光発電養殖基地。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市賀蘭県は賀蘭山のふもと、黄河のほとりに位置し、湿地や湖が多いことから養殖漁業に有利な条件を備えている。地元の漁業部門は養殖品種の改良や技術の改善、水資源の節約・集約利用の推進を通して、黄河流域の生態保護と高品質な発展の先行区構築に取り組んできた。長年にわたる発展を経て、太陽光発電を活用した魚の養殖、野菜栽培と水産養殖を掛け合わせた「アクアポニックス」、稲作と水産養殖の両立などの低炭素でグリーン(環境配慮型)な漁業モデルは、水系循環生態システムやモノのインターネット(IoT)技術と結びついて低炭素なグリーン漁業・養殖システムを確立、同県の漁業発展と省エネ、排出削減、エネルギー消費削減・節水のモデルとなった。2020年末時点で、同県の養殖面積は5万8千ムー(約3867ヘクタール)、水産品の総生産量は5万8千トン、漁業総生産額は6億9300万元(1元=約17円)に達し、西北地域最大の水産品集散センターとなっている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090104512

  • 01:30.09
    2021年08月30日
    「下野新聞」季節先取り、黄金色に輝く新米 大田原で稲刈り始まる

    栃木県内の穀倉地帯の一つ、大田原市で30日、早くも稲刈りが始まった。良質米の産地として知られる同市滝岡、農業関谷明政(せきやあきまさ)さん(40)方は、田んぼ約40ヘクタールを耕作。毎年、JAなすの管内でいち早く田植えや稲刈りを行っている。今年は早い梅雨明けと、その後続いた好天で生育は順調だという、撮影日:2021(令和3)年8月30日、撮影場所:栃木県大田原市 クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090611493

  • 2021年08月28日
    (7)張家界市の一部風景区が再開湖南省

    27日、空から見た湖南省張家界市の天門山風景区。(小型無人機から)中国湖南省張家界市で27日、天門山、武陵源の中核エリア、張家界大峡谷の3風景区が一般開放を再開した。3風景区は新型コロナウイルスの感染状況改善に伴い、厳しいリスク評価に基づき再開の条件を満たしたと判断された。市内の他の風景区もリスク評価を経て9月上旬には全て再開される見込み。同市は25日に市内全域の感染リスクレベルを低リスクに引き下げている。(張家界=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082904148

  • 2021年08月27日
    (8)営農型太陽光発電で農村振興を後押し貴州省

    24日、夏家坪子太陽光発電施設の下に設けられた食用キノコのビニールハウス。(小型無人機から)中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧イ族回族ミャオ族自治県ではこのほど、ソーラーパネルの下に広がる5千ムー(約333ヘクタール)余りの土地に作付けされた食用キノコ、コウサイタイ、ダイコンなどが収穫期を迎えている。中国発電大手、国家電力投資集団傘下の貴州金元はここ数年、「農光互補」(農業を行いながら太陽光発電も行う営農型太陽光発電)プロジェクトの推進に力を入れている。太陽光発電と同時に、ソーラーパネルの支柱下に広がる土地に収益性の高い農作物を栽培することで、地元農民に増収をもたらし、二酸化炭素(CO2)排出量ピークアウトとカーボンニュートラル(炭素中立)の実現、農村振興に貢献している。(威寧=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(令和3)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082810163

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年08月27日
    (3)収穫期到来、鮮やかな色に染まる恵みの大地新疆奇台県

    22日、奇台県西北湾鎮柳樹河子村の畑で、サイレージ用トウモロコシを収穫する農家の人。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州の奇台県はこのほど、収穫期を迎え、赤や緑、褐色の畑が一面に広がっている。同県は農業に適した土地が250万ムー(約1667平方キロ)、耕作可能な土地が200万ムー(約1333平方キロ)。主な農作物は小麦やトウモロコシ、大麦、打瓜(ダーグワー、食用の種子を取るスイカの一種)などとなっている。(ウルムチ=新華社記者/顧煜)= 配信日: 2021(令和3)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082805975

  • 2021年08月27日
    (2)江南の水郷、収穫期迎える浙江省東林鎮

    25日、東林鎮泉心村のハス池で、レンコンを収穫する農家の人。(小型無人機から)中国浙江省湖州市呉興区の東林鎮では、レンコンやヒシの実、マコモなどの水郷特有の農作物が次々と収穫期に入り、豊作の喜びに包まれている。同鎮はここ数年、土地の総合的な整備を足がかりに、生態系農業の発展に尽力。魚類養殖と野菜栽培、稲作とエビの養殖を両立させるなどの新しい生態産業モデルを育成することで、農村振興を推進し、増収を実現している。(湖州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082805962

  • 2021年08月27日
    (11)営農型太陽光発電で農村振興を後押し貴州省

    24日、仙水窩(せんすいか)太陽光発電所。(小型無人機から)中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧イ族回族ミャオ族自治県ではこのほど、ソーラーパネルの下に広がる5千ムー(約333ヘクタール)余りの土地に作付けされた食用キノコ、コウサイタイ、ダイコンなどが収穫期を迎えている。中国発電大手、国家電力投資集団傘下の貴州金元はここ数年、「農光互補」(農業を行いながら太陽光発電も行う営農型太陽光発電)プロジェクトの推進に力を入れている。太陽光発電と同時に、ソーラーパネルの支柱下に広がる土地に収益性の高い農作物を栽培することで、地元農民に増収をもたらし、二酸化炭素(CO2)排出量ピークアウトとカーボンニュートラル(炭素中立)の実現、農村振興に貢献している。(威寧=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(令和3)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082805969

  • 2021年08月27日
    (1)営農型太陽光発電で農村振興を後押し貴州省

    24日、仙水窩(せんすいか)太陽光発電所でコウサイタイを収穫する地元の村民。(小型無人機から)中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧イ族回族ミャオ族自治県ではこのほど、ソーラーパネルの下に広がる5千ムー(約333ヘクタール)余りの土地に作付けされた食用キノコ、コウサイタイ、ダイコンなどが収穫期を迎えている。中国発電大手、国家電力投資集団傘下の貴州金元はここ数年、「農光互補」(農業を行いながら太陽光発電も行う営農型太陽光発電)プロジェクトの推進に力を入れている。太陽光発電と同時に、ソーラーパネルの支柱下に広がる土地に収益性の高い農作物を栽培することで、地元農民に増収をもたらし、二酸化炭素(CO2)排出量ピークアウトとカーボンニュートラル(炭素中立)の実現、農村振興に貢献している。(威寧=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(令和3)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082805934

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年08月27日
    (8)収穫期到来、鮮やかな色に染まる恵みの大地新疆奇台県

    22日、奇台県西北湾鎮西北湾村の畑で、ジャガイモを収穫する農家の人。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州の奇台県はこのほど、収穫期を迎え、赤や緑、褐色の畑が一面に広がっている。同県は農業に適した土地が250万ムー(約1667平方キロ)、耕作可能な土地が200万ムー(約1333平方キロ)。主な農作物は小麦やトウモロコシ、大麦、打瓜(ダーグワー、食用の種子を取るスイカの一種)などとなっている。(ウルムチ=新華社記者/顧煜)= 配信日: 2021(令和3)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082805990

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...