KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 上野動物園
  • 東京都台東区
  • 無縁坂

写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付指定なし
  • 種類
  • 向き
  • 動物
並び順
  • 新しい順
16,494
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
16,494
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月27日
    五重塔 実らぬ恋の無縁坂

    上野動物園内にある旧寛永寺五重塔=東京都台東区

    商品コード: 2021092707293

  • 2021年09月26日
    よしよし

    ロシア極東の動物公園で出会った2匹のライオン。子どものライオンは親に捨てられたという。大変だったね。(タス=共同)

    商品コード: 2021092603391

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月25日
    密猟対策でゾウ生息数回復

    ケニア・ナイロビ

    商品コード: 2021092505678

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月25日
    密猟対策でゾウ生息数回復

    ケニア・ナイロビ

    商品コード: 2021092505677

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月25日
    密猟対策でゾウ生息数回復

    ケニア・ナイロビ

    商品コード: 2021092505676

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月25日
    密猟対策でゾウ生息数回復

    ケニア・ナイロビ

    商品コード: 2021092505673

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月25日
    ケニアのゾウ 密猟対策でゾウ生息数回復

    ケニアのアンボセリ国立公園で歩くゾウ=8月(ロイター=共同)

    商品コード: 2021092505513

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月25日
    歩くゾウ 密猟対策でゾウ生息数回復

    ケニアのアンボセリ国立公園で歩くゾウ=8月(ロイター=共同)

    商品コード: 2021092505510

  • 2021年09月25日
    ダイサギソウ 奄美大島、希少な花見頃

    鹿児島県の奄美大島で見頃を迎えたダイサギソウ=22日

    商品コード: 2021092501263

  • 2021年09月25日
    ツルウリクサ 奄美大島、希少な花見頃

    鹿児島県の奄美大島で見頃を迎えたツルウリクサ=22日

    商品コード: 2021092501262

  • 2021年09月24日
    (4)中国の重慶動物園で双子パンダ誕生今年2度目

    23日、保育器で育てられる赤ちゃんパンダ。中国の重慶動物園で13日に生まれた双子のジャイアントパンダが23日、初めて公開された。同園で双子パンダが誕生するのは今年2度目となる。1頭目が雌、2頭目が雄で、体重はそれぞれ104・3グラムと168・2グラム。今回の双子誕生で、同園のパンダ飼育数は19頭となった。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092501438

  • 2021年09月24日
    (5)中国の重慶動物園で双子パンダ誕生今年2度目

    23日、赤ちゃんパンダを世話する飼育員。中国の重慶動物園で13日に生まれた双子のジャイアントパンダが23日、初めて公開された。同園で双子パンダが誕生するのは今年2度目となる。1頭目が雌、2頭目が雄で、体重はそれぞれ104・3グラムと168・2グラム。今回の双子誕生で、同園のパンダ飼育数は19頭となった。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092501439

  • 2021年09月24日
    (2)中国の重慶動物園で双子パンダ誕生今年2度目

    13日、生まれたばかりの赤ちゃんパンダ。中国の重慶動物園で13日に生まれた双子のジャイアントパンダが23日、初めて公開された。同園で双子パンダが誕生するのは今年2度目となる。1頭目が雌、2頭目が雄で、体重はそれぞれ104・3グラムと168・2グラム。今回の双子誕生で、同園のパンダ飼育数は19頭となった。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092501363

  • 2021年09月24日
    (7)中国の重慶動物園で双子パンダ誕生今年2度目

    23日、保育器で育てられる赤ちゃんパンダ。中国の重慶動物園で13日に生まれた双子のジャイアントパンダが23日、初めて公開された。同園で双子パンダが誕生するのは今年2度目となる。1頭目が雌、2頭目が雄で、体重はそれぞれ104・3グラムと168・2グラム。今回の双子誕生で、同園のパンダ飼育数は19頭となった。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092501432

  • 2021年09月24日
    (6)中国の重慶動物園で双子パンダ誕生今年2度目

    23日、赤ちゃんパンダを世話する飼育員。中国の重慶動物園で13日に生まれた双子のジャイアントパンダが23日、初めて公開された。同園で双子パンダが誕生するのは今年2度目となる。1頭目が雌、2頭目が雄で、体重はそれぞれ104・3グラムと168・2グラム。今回の双子誕生で、同園のパンダ飼育数は19頭となった。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092501433

  • 2021年09月24日
    (3)中国の重慶動物園で双子パンダ誕生今年2度目

    13日、生まれたばかりの赤ちゃんパンダ。中国の重慶動物園で13日に生まれた双子のジャイアントパンダが23日、初めて公開された。同園で双子パンダが誕生するのは今年2度目となる。1頭目が雌、2頭目が雄で、体重はそれぞれ104・3グラムと168・2グラム。今回の双子誕生で、同園のパンダ飼育数は19頭となった。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092501434

  • 2021年09月24日
    (8)中国の重慶動物園で双子パンダ誕生今年2度目

    23日、保育器で育てられる赤ちゃんパンダ。中国の重慶動物園で13日に生まれた双子のジャイアントパンダが23日、初めて公開された。同園で双子パンダが誕生するのは今年2度目となる。1頭目が雌、2頭目が雄で、体重はそれぞれ104・3グラムと168・2グラム。今回の双子誕生で、同園のパンダ飼育数は19頭となった。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092501437

  • 2021年09月24日
    (1)中国の重慶動物園で双子パンダ誕生今年2度目

    23日、保育器で育てられる赤ちゃんパンダ。中国の重慶動物園で13日に生まれた双子のジャイアントパンダが23日、初めて公開された。同園で双子パンダが誕生するのは今年2度目となる。1頭目が雌、2頭目が雄で、体重はそれぞれ104・3グラムと168・2グラム。今回の双子誕生で、同園のパンダ飼育数は19頭となった。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092501347

  • 2021年09月23日
    (6)華南トラの赤ちゃんにマイクロチップ装着上海動物園

    22日、マイクロチップに記録された情報を見せる上海動物園の獣医。中国の上海動物園で22日、獣医が華南トラ(アモイトラ)の赤ちゃん2頭にマイクロチップ装着と血統登録、ワクチン接種を行った。華南トラは中国固有のトラの亜種で、「中国虎」とも呼ばれ、国家1級保護動物に指定されている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092312917

  • 00:45.22
    2021年09月23日
    「新華社」華南トラの赤ちゃんにマイクロチップ装着上海動物園

    中国の上海動物園で22日、獣医が華南トラ(アモイトラ)の赤ちゃん2頭にマイクロチップ装着と血統登録、ワクチン接種を行った。華南トラは中国固有のトラの亜種で、「中国虎」とも呼ばれ、国家1級保護動物に指定されている。(記者/岑志連) =配信日: 2021(令和3)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092312995

  • 2021年09月23日
    (8)華南トラの赤ちゃんにマイクロチップ装着上海動物園

    22日、上海動物園で飼育されている華南トラの赤ちゃん。中国の上海動物園で22日、獣医が華南トラ(アモイトラ)の赤ちゃん2頭にマイクロチップ装着と血統登録、ワクチン接種を行った。華南トラは中国固有のトラの亜種で、「中国虎」とも呼ばれ、国家1級保護動物に指定されている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092312969

  • 2021年09月23日
    (3)華南トラの赤ちゃんにマイクロチップ装着上海動物園

    22日、上海動物園で飼育されている華南トラの赤ちゃん。中国の上海動物園で22日、獣医が華南トラ(アモイトラ)の赤ちゃん2頭にマイクロチップ装着と血統登録、ワクチン接種を行った。華南トラは中国固有のトラの亜種で、「中国虎」とも呼ばれ、国家1級保護動物に指定されている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092312929

  • 2021年09月23日
    (1)華南トラの赤ちゃんにマイクロチップ装着上海動物園

    22日、上海動物園で飼育されている華南トラの赤ちゃん。中国の上海動物園で22日、獣医が華南トラ(アモイトラ)の赤ちゃん2頭にマイクロチップ装着と血統登録、ワクチン接種を行った。華南トラは中国固有のトラの亜種で、「中国虎」とも呼ばれ、国家1級保護動物に指定されている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092312923

  • 2021年09月23日
    (2)華南トラの赤ちゃんにマイクロチップ装着上海動物園

    22日、上海動物園で飼育されている華南トラの赤ちゃん。中国の上海動物園で22日、獣医が華南トラ(アモイトラ)の赤ちゃん2頭にマイクロチップ装着と血統登録、ワクチン接種を行った。華南トラは中国固有のトラの亜種で、「中国虎」とも呼ばれ、国家1級保護動物に指定されている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092312927

  • 2021年09月23日
    (5)華南トラの赤ちゃんにマイクロチップ装着上海動物園

    22日、華南トラの赤ちゃんの情報管理に使われた用紙。中国の上海動物園で22日、獣医が華南トラ(アモイトラ)の赤ちゃん2頭にマイクロチップ装着と血統登録、ワクチン接種を行った。華南トラは中国固有のトラの亜種で、「中国虎」とも呼ばれ、国家1級保護動物に指定されている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092312925

  • 2021年09月23日
    (4)華南トラの赤ちゃんにマイクロチップ装着上海動物園

    22日、上海動物園でワクチン接種を受ける華南トラの赤ちゃん。中国の上海動物園で22日、獣医が華南トラ(アモイトラ)の赤ちゃん2頭にマイクロチップ装着と血統登録、ワクチン接種を行った。華南トラは中国固有のトラの亜種で、「中国虎」とも呼ばれ、国家1級保護動物に指定されている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092312928

  • 2021年09月23日
    (7)華南トラの赤ちゃんにマイクロチップ装着上海動物園

    22日、上海動物園で飼育されている華南トラの赤ちゃん。中国の上海動物園で22日、獣医が華南トラ(アモイトラ)の赤ちゃん2頭にマイクロチップ装着と血統登録、ワクチン接種を行った。華南トラは中国固有のトラの亜種で、「中国虎」とも呼ばれ、国家1級保護動物に指定されている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092312918

  • 01:11.63
    2021年09月22日
    「新華社」三峡集団、希少魚類25万匹を金沙江に放流

    中国の長江上流部、金沙江に建設された烏東徳(うとうとく)水力発電所のダムで20日、希少な魚類25万匹が放流された。長江三峡集団の烏東徳プロジェクト建設部が明らかにした。今回放流されたのは斉口裂腹魚(Schizothoraxprenanti)、鱸鯉(Percocyprispingi)、円口銅魚(Coreiusguichenoti)、長鰭吻鮈(Rhinogobioventralis)、長薄鰍(Leptobotiaelongata)などで、うち人工飼育された円口銅魚、長鰭吻鮈、長薄鰍は初めて放流された。同集団では、金沙江下流の希少な魚類資源を保護するため、烏東徳水力発電所のダム下流に放流ステーションを建設。金沙江流域の希少な魚類の収集と飼育、稚魚の育成、繁殖・放流などに取り組んでいる。(記者/王安浩維) =配信日: 2021(令和3)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092208575

  • 01:35.96
    2021年09月21日
    「新華社」動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    中国の上海動物園では中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)に合わせ、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(記者/張建松、岑志連) =配信日: 2021(令和3)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092103073

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月20日
    (9)絶滅危惧種のモウコノウマが487頭に新疆ウイグル自治区

    1日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で、野外環境に適応する訓練を行うモウコノウマ。中国の新疆ウイグル自治区モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、同自治区内のモウコノウマ個体群は487頭に達していると発表した。うち野生の個体は274頭だという。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092003897

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月20日
    (6)絶滅危惧種のモウコノウマが487頭に新疆ウイグル自治区

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで、モウコノウマのためにスイカの餌を作るスタッフ。(8月10日撮影)中国の新疆ウイグル自治区モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、同自治区内のモウコノウマ個体群は487頭に達していると発表した。うち野生の個体は274頭だという。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092003898

  • 2021年09月20日
    (5)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で「月餅」を食べるオオサイチョウ。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007304

  • 2021年09月20日
    (3)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で「月餅」を争うようにして食べるコンゴウインコ。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007313

  • 2021年09月20日
    (6)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園でオオサイチョウに「月餅」を与える飼育員。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007318

  • 2021年09月20日
    (11)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で動物たちのために特製「月餅」を作る飼育員。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007347

  • 2021年09月20日
    (1)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で「月餅」を食べるレッサーパンダ。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007249

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:46.23
    2021年09月20日
    「新華社」雲南省のゾウ、「食べ歩き」しながら警察官舎へ

    中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州のシーサンパンナ国家級自然保護区で暮らしているゾウ3頭がこのほど、「食べ歩き」をしながら移動し、同自治州の磨憨(モーハン)出入境検査ステーション岔河(たが)出張所の警察官舎にやって来た。3頭は畑に入り込んで野菜を頬張り、バスケットコートを歩き回ったり、ヤシの木を押し倒したりするなどわが物顔に振る舞い、警察官は速やかに通行人を避難させた。約2時間後、ゾウは悠々と保護区に帰って行った。(記者/王研、周磊) =配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092006832

  • 2021年09月20日
    (5)中秋節連休、パンダが観光客を魅了青海省西寧市

    19日、青海チベット高原野生動物園パンダ館で遊ぶジャイアントパンダの「園満(ユエンマン)」。中国青海省西寧市にある青海チベット高原野生動物園では中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)小型連休初日の19日、ジャイアントパンダの愛らしい姿を見ようと、多くの市民や観光客がパンダ館を訪れた。(西寧=新華社記者/薛玉斌)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092006861

  • 2021年09月20日
    (4)中秋節連休、パンダが観光客を魅了青海省西寧市

    19日、青海チベット高原野生動物園パンダ館で遊ぶジャイアントパンダの「奇果(チーグオ)」。中国青海省西寧市にある青海チベット高原野生動物園では中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)小型連休初日の19日、ジャイアントパンダの愛らしい姿を見ようと、多くの市民や観光客がパンダ館を訪れた。(西寧=新華社記者/薛玉斌)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092006862

  • 2021年09月20日
    (3)中秋節連休、パンダが観光客を魅了青海省西寧市

    19日、青海チベット高原野生動物園パンダ館で遊ぶジャイアントパンダの「奇果(チーグオ)」。中国青海省西寧市にある青海チベット高原野生動物園では中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)小型連休初日の19日、ジャイアントパンダの愛らしい姿を見ようと、多くの市民や観光客がパンダ館を訪れた。(西寧=新華社記者/薛玉斌)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092006865

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月20日
    (7)絶滅危惧種のモウコノウマが487頭に新疆ウイグル自治区

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで、モウコノウマのふんの寄生虫を調べる医師。(2020年6月2日撮影)中国の新疆ウイグル自治区モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、同自治区内のモウコノウマ個体群は487頭に達していると発表した。うち野生の個体は274頭だという。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092003900

  • 2021年09月20日
    (2)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で「月餅」を食べるコンゴウインコ。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007314

  • 2021年09月20日
    (12)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で飼育員が動物たちのために用意した「月餅」。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007362

  • 2021年09月20日
    (6)中秋節連休、パンダが観光客を魅了青海省西寧市

    19日、青海チベット高原野生動物園パンダ館で遊ぶジャイアントパンダの「園満(ユエンマン)」。中国青海省西寧市にある青海チベット高原野生動物園では中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)小型連休初日の19日、ジャイアントパンダの愛らしい姿を見ようと、多くの市民や観光客がパンダ館を訪れた。(西寧=新華社記者/薛玉斌)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092006864

  • 2021年09月20日
    (7)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で「月餅」を食べるレッサーパンダ。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007316

  • 2021年09月20日
    (4)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園でレッサーパンダに「月餅」を食べさせる飼育員。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007317

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月20日
    (1)絶滅危惧種のモウコノウマが487頭に新疆ウイグル自治区

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで、馬運コンテナに慣れる訓練を受けるモウコノウマ。(8月9日撮影)中国の新疆ウイグル自治区モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、同自治区内のモウコノウマ個体群は487頭に達していると発表した。うち野生の個体は274頭だという。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092003894

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月20日
    (8)絶滅危惧種のモウコノウマが487頭に新疆ウイグル自治区

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで、馬運コンテナに慣れる訓練を受けるモウコノウマ。(8月9日撮影)中国の新疆ウイグル自治区モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、同自治区内のモウコノウマ個体群は487頭に達していると発表した。うち野生の個体は274頭だという。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092003899

  • 2021年09月20日
    (8)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で「月餅」を食べるワオキツネザル。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007326

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月20日
    (4)絶滅危惧種のモウコノウマが487頭に新疆ウイグル自治区

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで撮影したモウコノウマ。(2020年6月2日、小型無人機から)中国の新疆ウイグル自治区モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、同自治区内のモウコノウマ個体群は487頭に達していると発表した。うち野生の個体は274頭だという。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092003895

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月20日
    (3)絶滅危惧種のモウコノウマが487頭に新疆ウイグル自治区

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで撮影したモウコノウマ。(8月10日撮影)中国の新疆ウイグル自治区モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、同自治区内のモウコノウマ個体群は487頭に達していると発表した。うち野生の個体は274頭だという。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092003896

  • 2021年09月20日
    (1)中秋節連休、パンダが観光客を魅了青海省西寧市

    19日、青海チベット高原野生動物園パンダ館で遊ぶジャイアントパンダの「園満(ユエンマン)」。中国青海省西寧市にある青海チベット高原野生動物園では中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)小型連休初日の19日、ジャイアントパンダの愛らしい姿を見ようと、多くの市民や観光客がパンダ館を訪れた。(西寧=新華社記者/薛玉斌)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092006829

  • 2021年09月20日
    (2)中秋節連休、パンダが観光客を魅了青海省西寧市

    19日、青海チベット高原野生動物園パンダ館で遊ぶジャイアントパンダの「奇果(チーグオ)」。中国青海省西寧市にある青海チベット高原野生動物園では中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)小型連休初日の19日、ジャイアントパンダの愛らしい姿を見ようと、多くの市民や観光客がパンダ館を訪れた。(西寧=新華社記者/薛玉斌)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092006863

  • 2021年09月20日
    (9)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で「月餅」を食べるワオキツネザル。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007348

  • 2021年09月20日
    (10)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で動物たちのために用意した特製「月餅」を見せる飼育員。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007349

  • 2021年09月20日
    (13)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で「月餅」を食べるワオキツネザル。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007370

  • 2021年09月19日
    (14)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、青海湖に集まるチャガシラカモメ。中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091907921

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (1)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区内を歩くモウコノウマ。(2020年6月3日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909128

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (7)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで、モウコノウマの写真を撮影する技術者の張赫凡(ちょう・かくはん)さん。(8月10日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909152

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (2)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで撮影したモウコノウマ。(8月9日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909133

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (4)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで、馬運コンテナに慣れる訓練を受けるモウコノウマ。(8月9日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909134

  • 2021年09月19日
    (3)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、青海湖畔の牧場で放牧されているヒツジの群れ。(小型無人機から)中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091906637

  • 2021年09月19日
    (2)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、青海湖風景区で写真撮影を楽しむ観光客。中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091906625

  • 2021年09月19日
    (6)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、青海湖畔を流れる倒淌(とうとう)河。(小型無人機から)中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091906689

  • 2021年09月19日
    (4)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、青海湖畔を流れる倒淌(とうとう)河。(小型無人機から)中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091906640

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (6)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の野生復帰ポイントで、モウコノウマを大きな囲いに入れ、環境に適応させるスタッフ。(9月1日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909142

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (5)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の野生復帰ポイントで、モウコノウマを大きな囲いに入れ、環境に適応させるスタッフ。(9月1日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909131

  • 2021年09月19日
    (7)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、青海湖畔を流れる倒淌(とうとう)河。(小型無人機から)中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091906703

  • 2021年09月19日
    (9)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    氷が解け始めた青海湖。(2020年4月20日撮影、小型無人機から)中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091906743

  • 2021年09月19日
    (13)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、上空から見た青海湖。(パノラマ写真、小型無人機から)中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091907918

  • 2021年09月19日
    (11)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、青海湖に停泊中の遊覧船。(小型無人機から)中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091907922

  • 2021年09月19日
    (1)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、青海湖畔を流れる倒淌(とうとう)河。(小型無人機から)中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091907923

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (3)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで撮影したモウコノウマ。(8月9日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909129

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (8)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターの事務室で、撮影したモウコノウマの写真を整理する技術者の張赫凡(ちょう・かくはん)さん。(8月10日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909153

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (13)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで、モウコノウマにスイカを与えるスタッフ。(8月10日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909160

  • 2021年09月19日
    (15)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、青海湖に集まるチャガシラカモメ。中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091907919

  • 2021年09月19日
    (10)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、上空から見た青海湖。(小型無人機から)中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091907924

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (10)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の野生復帰ポイントで、馬運コンテナを下ろすスタッフ。(9月1日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909155

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (12)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで、モウコノウマのためにスイカの餌を作るスタッフ。(8月10日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909158

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (11)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の野生復帰ポイントで、モウコノウマの体調をチェックする王振彪(おう・しんひょう)さん。(9月1日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909156

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (9)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで、馬糞の寄生虫を検査する獣医師。(2020年6月2日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909157

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (14)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで、モウコノウマに草を与えるスタッフ。(8月10日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909161

  • 2021年09月19日
    (12)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、上空から見た青海湖。(小型無人機から)中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091907920

  • 2021年09月19日
    (5)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、青海湖畔の牧場にたたずむプシバルスキーガゼル。中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091906642

  • 01:35.32
    2021年09月18日
    「新華社」生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(記者/唐奕) =配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809424

  • 2021年09月18日
    (4)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダ。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809468

  • 2021年09月18日
    (10)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダを抱いて記念撮影に応じる飼育員。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809471

  • 2021年09月18日
    (5)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダ。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809478

  • 2021年09月18日
    (3)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダと触れ合う飼育員。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809487

  • 2021年09月18日
    (12)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダを抱っこする飼育員。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809489

  • 2021年09月18日
    (7)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダと触れ合う飼育員。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809469

  • 2021年09月18日
    (7)道教の古刹、永楽宮の建築部材の魅力に迫る山西省太原市

    永楽宮三清殿の額枋(長押)に彫刻された竜と花。(7月10日撮影)中国山西省太原市の山西博物院で、同省運城市にある道教寺院、永楽宮の文化財を展示する特別展が開催されている。元代の瑠璃製の冠瓦(かんむりがわら)、鴟吻(しふん、屋根に置く伝説上の動物)や藻井(そうせい、天井装飾)などの精巧で美しい建築部材を通じて、古風でシンプルな元代建築の魅力を間近に体感できる。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809612

  • 2021年09月18日
    (5)道教の古刹、永楽宮の建築部材の魅力に迫る山西省太原市

    永楽宮三清殿の屋根に飾られていた瑠璃製の鴟吻。(7月10日撮影)中国山西省太原市の山西博物院で、同省運城市にある道教寺院、永楽宮の文化財を展示する特別展が開催されている。元代の瑠璃製の冠瓦(かんむりがわら)、鴟吻(しふん、屋根に置く伝説上の動物)や藻井(そうせい、天井装飾)などの精巧で美しい建築部材を通じて、古風でシンプルな元代建築の魅力を間近に体感できる。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809607

  • 2021年09月18日
    (2)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダ。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809422

  • 2021年09月18日
    (1)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダ。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809423

  • 2021年09月18日
    (11)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダ。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809472

  • 2021年09月18日
    (9)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダと触れ合う飼育員。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809479

  • 2021年09月18日
    (13)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダを抱いて記念撮影に応じる飼育員。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809495

  • 2021年09月18日
    (8)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダと触れ合う飼育員。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809470

  • 2021年09月18日
    (6)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダ。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809476

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...